GNOME 2.20、OpenOffice 2.3を採用

3Dデスクトップを統合したUbuntu Linux最新版がリリース

2007/10/18

 カノニカルは10月18日、最新版となるLinuxディストリビューション「Ubuntu 7.10」(開発コードネーム:Gutsy Gibbon)をリリースした。サーバ向け、デスクトップ向けが用意されるほか、デスクトップ環境にGNOMEではなくKDEを用いた「Kubuntu」、教育向けの「Edubuntu」も同時にリリース。同社のサーバやミラーサイトからダウンロードできる。

 前バージョンのUbuntu 7.04からの主な変更点は以下の通り。

  • GNOME 2.20、OpenOffice 2.3の採用
  • 標準インストールで3Dデスクトップ「Compiz Fusion」の利用が可能に
  • デュアルモニター環境にも対応する新しい画面解像度設定ツール
  • デスクトップ検索機能を統合
  • メニューからログインユーザーの切り替え機能
  • 最新版のFirefoxを搭載し、プラグイン検索が容易になった。また、Firefoxの拡張プラグインをUbuntuのアプリケーションインストーラから追加インストールできるようになった
  • プリンタドライバサポートを改善し、自動検出機能を向上
  • 非オープンソースのデバイスドライバを管理・インストールする機能
  • NTFS-3gプロジェクトの成果を採り入れ、標準でNTFSパーティションのリード・ライトをサポート
  • 最新のLinuxカーネルを採用し、省電力性能が向上
  • インストール時にハードディスクのドライブ全体を暗号化するオプション
  • セキュリティモジュールの「AppArmor」を標準インストールで提供
ubuntu01.png Ubuntu 7.10では3Dデスクトップ環境が統合された

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -