Lenovoブランドが浸透

レノボ製品の「IBM」ロゴは2008年まで、計画前倒し

2007/11/02

 中国Lenovoが11月1日発表した同社第2四半期(7〜9月期)決算は、売上高が44億3200万ドルで前年同期比20%増、純利益は1億500万ドル(1株当たり1.12ドル)で、同178%増だった。IBMのPC事業を買収したLenovoは2010年までIBMブランドを製品に付けることができるが、決算発表では2年前倒しし、2008年にIBMブランドからLenovoブランドに完全移行することも発表した(決算の詳細記事)。

 PCの出荷台数は前年同期比23%増と、業界平均の15.7%増を上回る伸び。3四半期連続で業界平均以上の伸びを見せているという。

 現在、ノートPCの「ThinkPad」にはIBMのロゴが付いているが、2008年には製品へのIBMロゴの使用を取り止める計画。Lenovoブランドが世界で順調に浸透してきていることを受けて決定した。法人向け製品はすでにIBMからLenovoブランドへの移行を進めている。ブランドの移行は「日本も同じスケジュール」(レノボ・ジャパン)という。ThinkPadの製品名は引き続き利用する。

lenovo01.jpg レノボの「ThinkPad X61s」

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「Oracle Marketing Cloud」は、マーケターが抱える5つの難題にどう取り組むのか
一貫した顧客体験を実現するためにはまずデータ、次にそれを使いこなすためのAIの力が必...

「若者のニュース離れ」って誰が言うた?――AbemaTV調査
15〜19歳のニュース視聴態度や災害・緊急時の情報収集に関するアンケート調査です。

生存戦略としての顧客体験、どこから着手する?  Gartnerのアナリストに聞く
多くの企業が顧客体験を向上させるための取り組みを始めているものの成功している企業は...