社内ITシステムをケータイから利用

“RIM並みのサービス”をドコモケータイで提供、日本通信

2007/11/09

 日本通信は11月9日、NTTドコモの携帯電話で会社のメールを読み書きできる法人向けサービス「ケータイPC化サービス」を12月から開始すると発表した。NTTドコモとの相互接続によりサービスを提供する。1アカウント当たり月額1600円。iモード対応のFOMA端末に対応する。

 同サービスは、NTTドコモが持つパケット交換機と法人顧客の間を日本通信が専用線で接続する。メールの送受信を含む、社内の業務システムと携帯電話の連携を高められるという。

 メール機能では、社員が利用する携帯電話に会社のメールが直接届き、携帯電話から会社のメールアドレスでメールを送信することができる。携帯電話を用いたWebメールへのアクセスと異なり、メールが直接携帯電話に届く。また、IDやパスワードの入力が不要な点もメリットという。また、iモードではないWebブラウザ機能が利用できるため、グループウェアなど業務システムの利用も可能だという。iアプリを新たに開発することでも既存業務システムとの連携が可能。

 今後同社ではNTTドコモ以外に、KDDIやソフトバンクモバイルの携帯電話を対象に同様のサービスを提供していくという。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -