エミュレータも提供

グーグルが「アンドロイド」SDK公開――動画デモも

2007/11/13

 米グーグルは11月12日(米国時間)、携帯電話向けプラットフォーム「Android」(アンドロイド)のアプリケーションを開発できるSDKを公開した。ドキュメント類やサンプルコードも公開し、開発者がすぐにアプリケーションを開発できるようにしている。同時に公開したビデオではアンドロイドのユーザーインターフェイスやアプリケーションを紹介している。

android03.jpg グーグルが公開したビデオの映像

 公開した資料によるとアンドロイドはLinuxのカーネル2.6がベース。アプリケーションフレームワークやモバイルデバイス向けバーチャルマシン「Dalvik virtual machine」、統合型Webブラウザ、SQLiteなどで構成。Webブラウザはオープンソースの「WebKit」のエンジンを採用する。グラフィックスは2Dと、OpenGL ES 1.0に基づく3Dをサポートする。

android01.jpg アンドロイドの構成

 アプリケーションの開発はJavaで行う。SDKにはデバイスのエミュレータやデバッグツールのほか、Eclipse向けのプラグインが同梱される。グーグルはSDKで開発したアプリケーションを募り、優秀なアプリケーションには最高で30万ドル(約3300万円)、総額で1000万ドル(約11億円)の賞金を出す「Android Developer Challenge」を2008年1月に開始することも発表した。

android02.jpg アンドロイドのエミュレータで実行したHelloプログラム

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

SalesTech領域でインティメート・マージャーとランドスケイプが連携
「Select DMP」と「uSonar」が連携

6秒動画広告が視聴者の感情に与える影響――Teads調べ
効果的な活用方法についてのKINEでは見解もまとめています。

LINEの「リデザイン」が本格化、2019年の広告事業はこうなる
2018年8月に運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」を大幅刷新し2018年12...