「PatchServiceプロジェクト」

IPA未踏発のマッシュアップツールがベータ公開

2007/12/03

 京都大学大学院の学生を中心とする「PatchServiceプロジェクト」は12月1日、マッシュアッププラットフォーム「PatchService」のベータ版をリリースした。同プロジェクトは情報処理推進機構(IPA)の未踏ソフトウェア創造事業の支援を受けている(参考記事:IPAスーパークリエータに15人認定、うち2人がじっくり説明)。

 PatchServiceは任意のWeb APIやJavaScriptコードをグラフィカルなツールを使ってユーザー自身が組み合わせることができるマッシュアップのためのプラットフォーム。Web APIやWebサービス、JavaScriptコードを「パッチ」と呼ぶモジュール単位で扱い、ユーザーがマッシュアップしたアプリケーションを作成できるようにしている。

 モジュールはユーザーが作成し、登録、公開可能。登録されたモジュールは実行時、Webブラウザにダウンロードされ、JavaScriptとして実行される。ベータ版では携帯電話のWebブラウザを使ってパッチを検索したり、実行できる機能を追加。電子メールをトリガーにパッチを実行し、その結果を受け取れる機能も実装した。

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

越境ECで売れる日本製品 「フイルムカメラ」「限定キャラクター商品」など――イーベイ・ジャパン調べ
日本からeBayに出品されたアイテムの販売動向が発表されました。

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...

ハロウィーンの参加率が2年連続の低下――LINE調査
LINEリサーチによる「ハロウィーンに関する定点調査」の2019年版の結果が出ました。