ForefrontとSystem Centerの新製品

物理サーバ単位の管理ライセンスを発表、仮想環境は無制限、MS

2007/12/06

 マイクロソフトは12月6日、セキュリティ製品群「Microsoft Forefront」と運用管理製品群「Microsoft System Center」の新製品を発表した。同時に、サーバ管理に必要な機能を統合した「Server Management Suite Enterprise ライセンス」も発表、1つの物理サーバ管理ライセンスで、運用管理ライフサイクルに必要な機能を活用できるようにした。

 「Microsoft Forefront」で追加したのは、

  • 「Microsoft Forefront Server Security Management Console 日本語版」
  • 「Intelligent Application Gateway 2007」(IAG)

の2製品。前者はウイルス、ワーム、スパムなどからWindows環境(Exchange Server 2007、Office SharePoint Server 2007、Windows SharePoint Services 3.0)を保護する。後者はSSL-VPN、Webアプリケーション ファイアウォールおよび、エンドポイント セキュリティ管理機能を搭載している。

 「Microsoft System Center」の新製品は、

  • 「Microsoft System Center Data Protection Manager 2007 日本語版」(DPM2007)
  • 「Microsoft System Center Virtual Machine Manager 2007 日本語版」(VMM2007)
  • 「Microsoft System Center Configuration Manager 2007 日本語版」(SCCM2007)

の3製品。「DPM2007」はデータ保護のためのツールで、データベースや仮想サーバのイメージをバックアップしておき、必要に応じて復元することができる。「VMM2007」は仮想化環境管理ツール。「SCCM2007」はIT資産管理ツールである。

 同社のサーバ管理ライセンスは、物理、仮想化環境を問わずOS環境ごとに必要だったが、今回発表した「Server Management Suite Enterprise ライセンス」によって、物理サーバ単位の管理ライセンスだけに課金するようになった。管理対象の物理サーバ上で稼働する仮想サーバのOS環境に制限はない。ライセンス価格は10万3400円。同社では、「仮想化環境を無制限に管理するための最適なライセンス」と位置付ける。

関連リンク

(@IT 谷古宇浩司)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

広告クリエイティブの効果を配信前にAIが予測、電通グループ4社が「MONALISA」を開発
Instagram、Facebook、Twitterの3種類のソーシャルメディアにおける動画再生完了率とCTR...

高齢者のフリマアプリ利用、頻度では若者と互角――楽天調べ
楽天のフリマアプリ「ラクマ」でシニアユーザーが激増しています。その背景とは。

営業からマーケターへのキャリアパス、全力でやってきたことは必ず次につながる
おかんマーケターとしてデビューして1年半でB2Bマーケターのアワードを受賞した筆者。そ...