ArcSight ESMで稼働

ログを基に日本版SOX法対応レポートを出力、アークサイト

2007/12/07

 アークサイトは12月7日、企業情報システムのログ収集、管理ソフトウェアの「ArcSight ESM」上で稼働するテンプレート集「日本版SOX法パッケージ」を発表した。幅広く集めることができるログをベースにアクセス権限管理などのIT統制を整備できるという。

 ArcSight ESMはネットワーク上のセキュリティ機器やデータベース、アプリケーション、認証システムなど170種300製品からログを収集できるソフトウェア。収集したログは正規化し、情報システムへのアクセスのリアルタイム監視のほか、アクセス権限管理などが可能。相関分析の機能もあり、さまざまなログの情報を組み合わせて管理者にとって有用なデータを作成することができる。

 ArcSight ESMのうえで稼働する日本版SOX法パッケージはISO17799:2005とNIST 800-53標準規格をベースに、監査証跡として利用できるさまざまなレポートを生成できる。「情報のセキュリティ」「アクセス制御」などISO17799:2005にのっとったカテゴリで、ログをベースにしたレポートを出力可能。「米国SOX法のレポートをベースに日本版SOX法に対応させた」(アークサイト)という。

arcsight01.jpg ArcSight ESMで稼働する「日本版SOX法パッケージ」のダッシュボード画面

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

博報堂DYメディアパートナーズ「メディア定点調査2019」 スマホ接触時間は1日117.6分に
メディア総接触時間は初の400分台、過去最高の411.6分に。

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。