ArcSight ESMで稼働

ログを基に日本版SOX法対応レポートを出力、アークサイト

2007/12/07

 アークサイトは12月7日、企業情報システムのログ収集、管理ソフトウェアの「ArcSight ESM」上で稼働するテンプレート集「日本版SOX法パッケージ」を発表した。幅広く集めることができるログをベースにアクセス権限管理などのIT統制を整備できるという。

 ArcSight ESMはネットワーク上のセキュリティ機器やデータベース、アプリケーション、認証システムなど170種300製品からログを収集できるソフトウェア。収集したログは正規化し、情報システムへのアクセスのリアルタイム監視のほか、アクセス権限管理などが可能。相関分析の機能もあり、さまざまなログの情報を組み合わせて管理者にとって有用なデータを作成することができる。

 ArcSight ESMのうえで稼働する日本版SOX法パッケージはISO17799:2005とNIST 800-53標準規格をベースに、監査証跡として利用できるさまざまなレポートを生成できる。「情報のセキュリティ」「アクセス制御」などISO17799:2005にのっとったカテゴリで、ログをベースにしたレポートを出力可能。「米国SOX法のレポートをベースに日本版SOX法に対応させた」(アークサイト)という。

arcsight01.jpg ArcSight ESMで稼働する「日本版SOX法パッケージ」のダッシュボード画面

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

Criteo、Facebook、Googleショッピング広告が人気――フィードフォース「データフィード利用状況調査2019」
データフィードを活用している企業が利用する人気の媒体(フィード送信先)やその推移、...

「アドネットワーク」と「プログラマティック広告」が混同されていないか
マーケターがブランドの価値を守りながら広告戦略を多様化させていくために必要なことと...

消費財メーカーを悩ませる「店舗」という大問題、SaaSならどう解決できる?
小売業が激動する時代の消費財メーカーにSaaSができることは何か。Salesforceの新製品「C...