2007 Office system SP1をまもなく提供

IMEの辞書が壊れる問題を修正、マイクロソフト

2007/12/07

 2007 Office system SP1では、これまで大きく2つの問題があった――。マイクロソフトは12月7日に本社で会見を行い、近日提供予定の「2007 Office system SP1」での修正点について詳しい説明を行った。

 同社インフォメーションワーカービジネス本部の飯島圭一氏によれば、問題は2つとも、かな漢字変換システムの「Office IME 2007」に関するものだ。飯島氏は「問題の1つは変換時にひらがなとカタカナの候補だけが出て漢字の変換候補が出てこないことがあること。また、ある日突然変換精度が著しく悪くなることもある。その原因を一言でいえば『辞書が壊れている』ということです」と問題となっている現象とその原因を説明する。

ms01.jpg マイクロソフト インフォメーションワーカービジネス本部 オフィス製品マーケティンググループ シニアプロダクトマネージャ 飯島圭一氏

 Office IME 2007では辞書データをメモリ上にキャッシュしていて、PCの電源オフやアプリケーションの不正終了など「特定の環境で辞書が破損することがあった」(飯島氏)。SP1では辞書に異常が確認された場合に自動で復旧する処理を追加したほか、ユーザーが明示的に手動で修復できる機能も追加した。

 Office IME 2007に関するもう1つの問題はPCやアプリケーションの起動直後に、日本語を入力してから変換結果が出るまでに数秒かかることがあるというもの。ボトルネックとなっていたのは、個別ユーザーの変換時の語彙頻度や文節区切りを学習する学習情報の処理。SP1ではデータフォーマットを改善したことで、「起動直後に『今日はよい天気です』という文を変換する時間は約5分の1に短縮した。また起動直後ではない通常時でも約20%変換が高速になっている」(飯島氏)という。ただし、SP1を適用することで学習情報は失われ、変換候補の優先順位などが初期インストール状態に戻る。ユーザー個別の語彙を学習した「ユーザー辞書」に影響はない。

Windows Vista SP1では企業向けなど機能強化

 Office IME 2007 SP1の説明と同時に、Windows Vista SP1 RC1(Release Candidate:リリース候補版)の説明も行われた。SP1では安定性や互換性の向上のほか、企業向けの機能が強化されている。

 おもにUSBドライブなど外部ストレージで利用できる新しいファイルシステム「exFAT」は数GB以上の大きなファイルを扱うのに適したファイルシステムだ。FAT32で4GBだった1ファイル当たりの容量を、16EB(約100億GB)に拡張。特に大きなファイルの書き込みや削除で高速化が期待できるという。FAT32やFAT16との互換性はなく、exFATでフォーマットされたストレージをマウントできるのは現状ではWindows Vista SP1のみとなる。

 セキュリティ関連機能の機能強化では、スマートカードの認証時やBitLockerの利用時にバイオメトリクスデバイスを併用できるようになったことが挙げられる。これまでスマートカードを使った認証時にはPINコードの入力が必要で煩雑だったが、指紋認証デバイスなどで置き換え可能だ。また、USBドライブをカギとしてハードディスクを暗号化するBitLockerで指紋認証デバイスを併用することで、ノートPCと、カギとなるUSBドライブを同時に紛失しても容易に第三者がロックを解除できなくなるという。

 リモートデスクトップのプロトコルで、新たに転送データの圧縮が可能となた。通信量を25〜60%程度、抑えることができるという。

 Windows Vista RC1はMSDNやTechNetを通して12月7日に公開予定。正式版SP1は2008年第1四半期後半の予定だ。Windows関連プロダクト担当のWindows本部プロダクトマネジメント部 部長 中川哲氏は「企業ユーザーのみなさまにWindows Vista SP1 RCの評価をお願いしたい」と話した。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。