REST対応機能を強化

Ruby on Rails 2.0がリリース

2007/12/10

 スクリプト言語「Ruby」を使ったWebアプリケーションのフレームワーク「Ruby on Rails」の最新版「2.0.1」が12月7日にリリースされた。開発者のデビッド・ハイネメイヤー・ハンソン(David Heinemeier Hansson)氏がブログで発表した。

 Rails 2.0ではAction PackのResourcesやMultiviewの機能を強化。特にREST Webサービスについての機能を拡張した。セキュリティやパフォーマンスについても新機能を加えた。

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

Coding Edge フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

日本のスマホ決済アプリのインストール数は75%成長 バンキングアプリ利用も急増――Adjust調査
2020年上半期は特に日本において、新型コロナの影響でファイナンスアプリの利用が活発化...

ニューノーマル初の年末商戦 成功の鍵は「送料無料」と「低価格」、そして……――Criteo予測
コロナ禍の収束が見通せないながらも、人々の消費は少しずつ動き出しています。ホリデー...

広告業界の倒産、4年連続増加の可能性も――帝国データバンク調査
広告関連業者の倒産動向調査(2020年1〜9月)の結果です。年末に向け、新型コロナウイル...