Comet型通信やJavaメソッド呼び出しを実現

Adobe、オープンソースプロジェクト「BlazeDS」を公開

2007/12/13

 米アドビ システムズは12月13日、新たなオープンソースプロジェクト「BlazeDS」のパブリック・ベータ版をAdobe Labs上で公開した。LGPL v3ライセンス下で公開している。

 「BlazeDS」は、クライアント側のFlex/Adobe AIRアプリケーションからサーバ側のJavaオブジェクトのメソッドを呼び出すことができるリモーティング機能と、サーバ側からクライアント側のFlex/Adobe AIRアプリケーションに、CometのようにメッセージをプッシュできるWebメッセージング機能の2つを提供するソフトウェア。BlazeDSのサンプルはwar形式で提供され、Tomcat 6上で動作可能だ。

 「BlazeDS」プロジェクトの2つの機能は、もともとアドビの製品「LCDS ES」(LiveCycle Data Services Enterprise Suite)の機能をオープンソース化したもので、従来の「LCDS ES」は引き続き販売される。ただし、「BlazeDS」では、Webメッセージング機能で1CPU当たり約100〜200程度の接続を処理できるのに対して、「LCDS ES」では数千の接続を処理できるほか、クラスタリング機能も持ち、RTMP(Real Time Messaging Protocol)をサポートするなどの優位点があるという。

 リモーティング機能は、RPC(Remote Procedure Call)モデルでJavaメソッドを呼び出す。データ送信時のフォーマットを変換するロジックの記述が不要であるほか、Flash Remotingでサーバと通信するときのバイナリデータフォーマットである「AMF」(Action Message Format)を使った場合にパフォーマンス向上の利点がある。

 Webメッセージング機能は、前述のようなCometと同様の通信か、新しいHTTPストリーミング(クライアント/サーバ間に永続的なプッシュ接続を実現)を使用できる。

 また、Adobe AIRのベータ3版も公開され、AdobeのWebオーサリングツールDreamWeaverや開発環境FlexBuilderとの連携機能が拡張された。ベータ3版をインストールすると、ベータ2版のアプリケーションとの互換性がなくなるので、注意が必要だ。また、今回の発表に合わせてFlex 3のベータ3版も公開された。

(@IT 平田修)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

元フェイスブックジャパン代表の「次の一手」はなぜクラフトビールのD2Cなのか
フェイスブックジャパン代表取締役を退任し、日本のモノ作りを体現するブランド群を作ろ...

「InstagramよりTwitter」「脱毛に関心」他、男子大学生の実態――SHIBUYA109エンタテイメント調べ
同じ大学生でも意識や行動において男女の差は意外と大きなものがあるようです。

恵方巻の予約購入派は35%、企業側は70%以上が予約販売を実施――ONE COMPATH調べ
恵方巻とフードシェアリングサービスに関する意識調査です。