クローズドベータがリリース

「はてなワールド」限定公開、仮想3D空間でキャラが会話

2007/12/13

 はてなは12月13日、自分で描いたキャラクターを使い、地図上でほかのユーザーと会話できる新サービス「はてなワールド」のクローズドベータサービスを開始した。日本語版と英語版がある。

hatena01.jpg 「はてなワールド」

 はてなワールドは、地図をベースにした仮想の3D空間内で楽しむコミュニケーションサービス。自分のキャラクターを地図内で操作し、出会った人とチャットを楽しめる。地図の地名やはてなのユーザー名を入力すると瞬時にその場所やユーザーがいるところに移動する機能もある。

 キャラクターを中心とするある範囲内に別のキャラクターが入ってくると会話できる。終了した会話は地図上にアイコンが残り、HTMLベースの会話ログを後から確認できる。会話ログのURLをほかのユーザーに知らせれば情報を共有できる。自分のユーザーページでも会話ログを確認できる。

 ほかのユーザーに知られたくない会話は「鍵」をかけて見られないようにできる。別のユーザーを秘密の会話に参加させるときは、地図上でそのユーザーのキャラクターをドラッグ&ドロップして自分の会話範囲に入れる。

 キャラクターはライブラリに用意されているほか、エディタツールがあり、自分で作成可能。ほかのユーザーが作成したキャラクターを自分のキャラクターとして使うこともできる。

 はてなワールドは、「hatenaworldグループ」参加者のみに公開。hatenaworldグループへの参加は先着順100人まで。徐々に定員を増やし、正式開始を目指す。

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

アナログレコード復活の狼煙(のろし) 仕掛け人は電気通信事業者の異端児――オプテージ山下慶太氏
新市場の創造を目指す挑戦者を紹介します。

Weibo(微博)フォロワー数、都道府県別1位は青森県――オーエス調べ
47都道府県の「Weibo(微博)」運用実態調査の結果です。

マッチングサービス利用率トップ3は「Pairs」「タップル誕生」「Omiai」――MMDLaboとコロプラ共同調査
マッチングサービス・アプリの認知度は25.7%、うち利用経験者は30.2%。MMDLaboとコロプ...