約14秒が約7秒で起動可能に

ARMで“瞬間起動”、TPが組み込みLinux高速起動ソリューション

2007/12/19

 組み込みLinux向けソリューション事業を行うトライピークスは12月19日、同社の主力製品「TP InstantBoot Version 1.0」をARMアーキテクチャ向けに対応した「TP InstantBoot Version 1.0 for ARM architecture」を発売した。TP InstantBootは、システムのメモリ状態やCPUのレジスタ状態をスナップショットイメージとして保存し、電源投入時にスナップショットからシステムを復元することでLinuxカーネルやアプリケーションの起動を高速化するソリューション。カーネルやアプリケーションのチューニングが不要。

 TP InstantBootは2006年5月に第1弾のMIPS版がリリースされ、その後、2007年11月にx86版、同12月にPower版と対応アーキテクチャを増やしてきた。今回新たにモバイル機器、デジタル家電、車載情報端末などARM採用の組み込みシステム開発を行うニーズに応えた。今回のARM対応ではARM向けの最適化も行っており、標準的なLinuxディストリビューションのブートローダから組み込み向けウィンドウシステムのNano-Xまでの起動時間を、約14秒から約7秒に短縮することができるという。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

広告クリエイティブの効果を配信前にAIが予測、電通グループ4社が「MONALISA」を開発
Instagram、Facebook、Twitterの3種類のソーシャルメディアにおける動画再生完了率とCTR...

高齢者のフリマアプリ利用、頻度では若者と互角――楽天調べ
楽天のフリマアプリ「ラクマ」でシニアユーザーが激増しています。その背景とは。

営業からマーケターへのキャリアパス、全力でやってきたことは必ず次につながる
おかんマーケターとしてデビューして1年半でB2Bマーケターのアワードを受賞した筆者。そ...