開始10年で累計受験者数が200万人突破

MSのオフィス検定、受験者の約半分は日本人

2007/12/20

 マイクロソフト製Officeソフトの利用スキルを証明する認定試験「マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト」(MOS)を行うオデッセイコミュニケーションズは12月20日、同試験の日本国内での累計受験者数が200万人を超えたと発表した。試験開始から10年を経過しての達成。過去数年は年間20〜30万人が受験する人気検定となっている。Office 2003の製品別の受験者数を見ると、Excel(42.6%)とWord(40.3%)が人気が高く、以下、PowerPoint(9.4%)、Access(7.5%)と続く。Outlookの受験者は全体の0.15%にとどまる。

 全世界での累計受験者数は450万人。全受験者の約半分弱を日本人が占める計算だ。2006年度の実績で年代別分布を見ると20代が最も多く47%。以下、30代(24%)、10代(15%)、40代(9%)と続く。性別で見ると、公式なデータはないものの「受験者の約6〜7割が女性ではないか。これは日本固有の現象」(マイクロソフト サーバプラットフォームビジネス本部 マイクロソフトラーニング部 シニアマーケティングスペシャリスト)という。受験者の半数近くが20〜30代の女性で、1999年に改定された労働派遣業務法で、派遣労働者市場が膨らんだことが背景にあると見られる。

 ただ、受験動機を聞くアンケートでは、所得向上や待遇改善より「スキルを上げるため」とした回答が多く、受験者の上昇志向の強さもうかがえる。

 企業や大学での採用が増えている。近畿大学は学生にとって必須スキルと位置付け、学内で試験を実施。年間2000人を超える学生が受験するなど、“学内受験”が増え、過去5年は学生の受験者数が年率10%で増加しているという。

 企業では、新卒内定者に研修期間中の課題として課したり、技術部が製品導入時にデプロイとセットで団体受験を行うなど、現場のサポートニーズを先回りして押さえる使われ方が増えているという。

 新バージョンのOffice 2007に対応した試験では、IT技術者向けの資格試験「マイクロソフト・サーティファイド・プロフェッショナル」(MCP)の名称に合わせて、「マイクロソフト・サーティファイド・アプリケーション・スペシャリスト」(MCAS)に名称を変更。また、これまで2つあった受験レベルは上位のものに統合した。受験料は1万2390円。全国約1680の会場で受験できる。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「Oracle Marketing Cloud」は、マーケターが抱える5つの難題にどう取り組むのか
一貫した顧客体験を実現するためにはまずデータ、次にそれを使いこなすためのAIの力が必...

「若者のニュース離れ」って誰が言うた?――AbemaTV調査
15〜19歳のニュース視聴態度や災害・緊急時の情報収集に関するアンケート調査です。

生存戦略としての顧客体験、どこから着手する?  Gartnerのアナリストに聞く
多くの企業が顧客体験を向上させるための取り組みを始めているものの成功している企業は...