中長期的にも減少傾向

クリスマスでWinny利用は減少か

2007/12/27

 ネットエージェントは12月27日、クリスマス期間中のWinnyのノード数の推移を公表した。独自の検知システムを使って2007年12月22日〜25日までの利用状況をモニターしたもので、4日間の平均接続ノード数は約33万強。夏に比べて減少傾向にあるほか、2006年度に比べて5%強ほど減少しているという。同社は文化庁長官の諮問機関、私的録音録画小委員会による「ダウンロード違法化」への法改正の動きなど、昨今の社会動向に影響されたのではないかとしている。ただ、利用者数は以前より多く、休日に多くのユーザーがWinnyを起動する傾向から、漏えいファイルの拡散が加速する危険があると同社は警鐘を鳴らしている。

winny01.png Winnyノード数の推移(ネットエージェントの発表資料より)

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

博報堂DYメディアパートナーズ「メディア定点調査2019」 スマホ接触時間は1日117.6分に
メディア総接触時間は初の400分台、過去最高の411.6分に。

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。