IE全体のシェアは低落傾向

IE7のシェアがIE6を逆転、米調査で

2008/01/09

 米ネット・アプリケーションズが発表したWebブラウザの調査結果で、Internet Explorer 7のシェアがIE6のシェアを2007年12月に超えたことが分かった。IE7は英語版が2006年11月に自動配布を開始、ほかの言語版も順次、自動配布されている。2007年11月には韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の各版が配布された。マイクロソフトは、日本では2008年2月13日に自動配布を予定していて、IE7環境が一気に一般的になると見られる。

ie01.jpg 米ネット・アプリケーションズが発表したWebブラウザのシェア推移

 ネット・アプリケーションズの調査によると、2007年12月のWebブラウザ別のシェアはIEが75.79%。うち、IE7は40.61%で、初めて 4割を超えるとともにIE6のシェア、35.18%を超えた。11月はIE7が36.84%で、IE6は40.24%だった。IE全体の11月のシェアは 77.08%で、12月はシェアを落とした。IEのシェアは長期的に低落傾向にある。

 そのほかのWebブラウザではFirefoxが16.38%(2.0が15.80%、1.5が0.58%)、Safariが5.58%などとなっている。

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

広告クリエイティブの効果を配信前にAIが予測、電通グループ4社が「MONALISA」を開発
Instagram、Facebook、Twitterの3種類のソーシャルメディアにおける動画再生完了率とCTR...

高齢者のフリマアプリ利用、頻度では若者と互角――楽天調べ
楽天のフリマアプリ「ラクマ」でシニアユーザーが激増しています。その背景とは。

営業からマーケターへのキャリアパス、全力でやってきたことは必ず次につながる
おかんマーケターとしてデビューして1年半でB2Bマーケターのアワードを受賞した筆者。そ...