2008年セキュリティ予想

最も安全な組み合わせはLinux+Opera、フォーティネット推奨

2008/01/10

 フォーティネットジャパンは1月10日、2008年のコンピュータウイルスの被害予測を発表した。2007年に続いてWebサイトを悪用した感染に注意が必要と説明。「まずまず機能的なソリューションの中でも最も安全な組み合わせ」としてLinuxとWebブラウザのOperaを挙げて、「標的になりにくそうなOSおよびWebブラウザを使いましょう」と呼びかけた。

 フォーティネットによると、最も危険な組み合わせはWindowsとInternet Explorer。ユーザー数が格段に多いため、ターゲットになりやすい。フォーティネットはほかに安全性を高める方法として、最新のWebブラウザを使うことやJavaScriptの有効化をWebサイトごとに行うことなどを挙げている。

 トレンドマイクロの説明「2008年は増加?ウイルス感染報告数に『1年おきの法則』」でもウイルス感染手法の主流はWebサイトの悪用。複数の攻撃手法をパッケージングし、正規Webサイトを改ざんして不正プログラムを仕込むツール「MPack」のサーバを分析したフォーティネットによると、MPackを使った攻撃を受けて改ざんされたWebサイトを訪れたユーザーのうち、ウイルスに感染したのは12%。電子メールにウイルスを添付し、ユーザーにクリックさせる手法と比べてはるかに高い感染率という。

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:



Security&Trust フォーラム 新着記事
- PR -

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH