ミドルウェア、SOAを強化

オラクル、BEAを約85億ドルで買収

2008/01/17

 米オラクルと米BEAシステムズは1月16日、オラクルによるBEA買収で合意に達したと発表した。取引は、オラクルがBEA株式を1株19.375ドルの現金で買い取る形で行われ、買収総額は約85億ドル。BEAの取締役会は全会一致で買収を承認しており、同社の筆頭株主であるカール・アイカーン氏も、この買収に合意する意向を明らかにしている。取引は、BEA株主の承認などを経て、2008年半ばに完了する見通し。

 オラクルは2007年10月、BEAに対し、約67億ドル(BEA株1株当たり17ドル)での買収提案を行ったが、BEAは提示額が低すぎるとしてこれを拒否。1株21ドルなら買収交渉に応じるとしたが、両社間での合意に達しないまま、買収提案は期限切れとなっていた。

 BEAのアルフレッド・チュアング会長兼CEOは「この取引は、ここ数カ月の入念で思慮深い手続きが成就したもの。当社の株主にとって最善の結果だと信じている」とコメント。オラクルのラリー・エリソンCEOは「BEAの製品と技術が加わることで、当社のFusionミドルウェアソフトスイートを著しく拡充できる」とし、チャールズ・フィリップス社長は「この買収により、Javaベースのミドルウェア技術やSOAの採用が加速するだろう」としている。

(ITmedia)

情報をお寄せください:

Database Expert フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

20歳前後の女子の「ヲタ活」実態、7割超が「ヲタ」の自覚あり――SHIBUYA109 lab.調べ
around20女子のヲタク活動=ヲタ活に関する調査結果です。

Twitter動画広告に新課金体系、動画の50%表示で6秒再生されたタイミングで課金
Twitter動画広告の課金方法に「動画の50%表示で6秒再生」が新しく加わった。

インターネット運用型広告の出稿先、50%がGoogle 年間400億円分――EVERRISE調べ
EVERRISEは、インターネット広告媒体費の多くを占める「運用型広告費」のうち、同社のサ...