NTTドコモのFOMA網を利用

IIJ、下り3.6Mbpsの定額モバイル通信サービス開始

2008/01/21

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は1月21日、3G/HSDPAを利用したモバイルデータ通信サービス「IIJモバイル」の提供を開始した。NTTドコモのFOMAデータ通信専用端末とネットワークを使ったMVNO(仮想移動体通信事業者)方式によるもので、法人向けサービスとして提供していく。通信速度は下り最大3.6Mbps、上り最大384kbps。全国がサービス提供エリアで、カバーエリアはFOMAと同じ(参考リンク:NTTドコモによるFOMAサービスエリアの案内)。

 利用形態によって3種のサービスを用意。通信量に無関係に利用料金が固定の「定額プラン」(月額8500円)、利用したパケット量による従量制の「パケットシェアプラン」(月額1800円〜)、同時接続数を限定した安価な定額制プラン「接続シェアプラン」(月額3900円〜)がある。料金はそれぞれ1回線当たりで税抜き。プロトコルの使用制限などはない。通信カードのレンタル料金は別途必要。

 オプションにより、リモートVPN接続、接続元/接続先のIPアドレスの限定機能、国際ローミング機能を提供する。

 今後同社はインターネットを介さない閉域網での利用や、IIJの既存サービスとの連携によりWANの一部として利用するサービスなど法人向けモバイルサービスを充実させていく考え。情報漏えいやウィルス対策などセキュリティ面でも、「MVNOならではの付加価値の高いモバイルソリューションを提供していく」としている。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

ゴールデンウイークの消費「かなり減った」が過半数――モニタス調査
2020年のゴールデンウイークにおける消費の実態調査です。

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...

「バンダイチャンネル」が実践する解約防止術
サブスクリプションビジネス成功の第一歩はユーザーの解約防止にあり。その実践事例を「...