NTTコムの全自動字幕制作システム

準備に最短10秒、運用要員0人でニュース番組の字幕を制作

2008/01/21

 NTTコミュニケーションズは1月21日、生放送のニュース番組向けに字幕を全自動で制作する「全自動リアルタイム字幕制作システム」を発表した。ソフトウェア一式で税抜価格300万円。初年度1億円の売上、20〜30局への販売を目指す。

NTTコミュニケーションズ写真 字幕テキストをほぼリアルタイムに自動送出

 同システムの特長の1つは、字幕制作の自動化・高速化である。ワンボタン、10秒ほどで自動的に字幕を制作できる。現在使われている「リスピーク音声認識方式」の場合、字幕を制作する前の段階で単語や音声の登録作業が必要であり、30分の番組で1〜2時間の作業時間を要する、と同社では説明する。

 放送中に運用者を常駐させる必要がないのも同システムの利点だ。同社によると、通常、生放送ニュース番組の字幕制作には2〜5人の運用者が必要だった。同システムの場合、事前に登録した字幕テキストとアナウンサーの発話の音声認識結果を照合して字幕テキストがほぼリアルタイムに自動送出されるため、運用者0人を実現できる。

 現在、同システムが対応しているのは5分程度のストレースニュースだが、同社では、対応可能時間を延長し、地域放送局が夕方放送している情報・ニュース番組にも対応させたいとしている。また、同社のネットワークサービスと連携し、字幕付与のASP事業として提供していく予定もある。

(@IT 谷古宇浩司)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

電話サポートの保留音、世界の主流はクラシック――Genesys調査
13カ国で実施した電話サポートの保留音に関する調査結果です。

エコ活動・SDGsへの意識 「フードロス」「廃プラスチック」に高い関心――CCC調査
エコ・環境問題への関心や関連トピックスへの認知度などを調査しています。

国内アフィリエイト市場、仮想通貨やロボアドバイザー関連商材の成長で金融分野が拡大――矢野経済研究所調べ
矢野経済研究所の調査によると2019年度の国内アフィリエイト市場規模は前年度比8.7%増で...