OpenID 2.0準拠

Yahoo! JAPANがOpenIDの発行開始、使ってみたが……

2008/01/30

 ヤフーは1月30日、OpenID発行のベータサービスを開始すると発表した。Yahoo! JAPAN IDと関連付けられるOpenIDを使って外部のOpenID対応サイトにログインできる。Yahoo! JAPAN IDは2136万IDがあり、国内のOpenID取得者が一気に増える可能性がある。

 OpenIDの発行はヤフーのWeb サイトで行う。ユーザーがすでに持つYahoo! JAPAN IDとパスワードを入力するとOpenIDが発行される。OpenIDではURLをIDと利用する。ただ、ヤフーが発行するOpenIDのURLには、ランダムな文字列が含まれる形。ヤフーが推奨するのは、OpenIDの入力ボックスに「yahoo.co.jp」と入力してYahoo! JAPANのログインページに移動し、Yahoo! JAPAN IDを入力する利用法だ。ヤフーの広報担当者は「ランダムなOpenIDなのでYahoo! JAPAN IDでログインしてもらう」と話した。

【@IT関連記事】

 @IT編集部ではヤフーの発行サービス開始を受けて、OpenIDを取得。国内外のOpenID対応サイトにログインしようとしたが、Plaxoなど一部のサービスを除き、ログインできなかった。ヤフーの広報担当者は「OpenID発行サービスは最新のOpenID 2.0に準拠している。発表文にきちんと書くべきだったかもしれないが、そのため国内のOpenID対応サイトはまだ対応できていないと思う」と話した。ヤフーはWebサイトに「お客様の安全を考慮して、Yahoo! JAPANのOpenIDでは、OpenID2.0の仕様に対応したサイトにしかログインできません」と記述している。

yahoo01.jpg ヤフーのOpenID認証ページ

 そのうえで、「OpenID対応サイトの開発者に向けて2000万のYahoo! JAPAN IDを使ってもらうというのが基本」と説明し、中小企業やベンチャー企業が運営するWebサイトでも認証システムを用意せずに新しいサービスを展開できることをOpenIDのメリットと話した。

 ヤフーの考えはYahoo! JAPAN IDと、Yahoo! JAPAN IDを補助するOpenIDの2本立て。同社はYahoo! JAPAN IDを外部のサイトにも拡張している。ヤフーは「パートナーとのより深い関係は Yahoo! JAPAN IDを使って行う。OpenIDは中小企業やベンチャーなどのサイトで使ってもらいたい」と話した。

 また、Yahoo! JAPANのサービスがOpenIDを受け入れるかどうかは「いまは考えていない。だが、将来的には一部サービスで受け入れる可能性もある」と述べた。

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:



Security&Trust フォーラム 新着記事
- PR -

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH