ボリュームライセンスは3月1日から

Windows Server 2008 日本語版が開発者向けに提供開始へ

2008/02/05

 マイクロソフトは2月5日、サーバOSの新製品「Windows Server 2008 日本語版」の開発を完了し、同日MSDNとTechNetの会員向けにダウンロード提供を始めると発表した。ボリュームライセンスの発売は3月1日の予定。パッケージ製品の発売時期はまだ発表していない。

 Windows Server 2008 日本語版はマイクロソフトの開発者向けWebサイトであるMSDNと、ITエンジニア向けWebサイトのTechNetでダウンロード可能にする。

 同製品は仮想化プラットフォームであるHyper-Vを実装。IIS 7.0やPCの検疫を可能にするネットワークアクセス保護機能、セキュアなサーバ環境を実現するSever Core、スクリプトによる操作ができるWindows PowerShellなどが利用できる。ただ、Hyper-Vは製品提供開始時には実装されず、提供開始後180日以内に提供される予定。

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...

好意度と購入意向を10倍以上にした「局所的熱狂」をどう生み出すか
成功する広告は他と何が違うのか。マーケターが押さえておくべき新しい広告戦略の定石と...

「ドコモ口座」不正出金発覚後、残高確認したのは半数以下――日本トレンドリサーチ調査
NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を使って銀行から不正に預金を引き出される被...