戦略的価格設定で既存システムのSaaS移行を促進

米グーグルが法人向けセキュリティサービスをSaaSで開始

2008/02/06

 米グーグルは2月5日、SaaSベースの法人向けメールセキュリティサービスを開始した。2007年9月に6億2500万ドルで買収したPostiniのセキュリティ技術を使ったもので、メッセージ・フィルタリング、ウイルス検知、メールアーカイブなどの機能を提供する。

 Postini買収後の2007年10月に、グーグルは同社の法人向けのSaaSパッケージ「Google Apps Premier Edition」にPostiniの機能を統合したが、今回のサービスは、既存の企業インフラ上で稼働しているメールサーバをターゲットとしたサービス。サービスはGoogle Apps同様に同社のクラウド上で稼働するが、Lotus Notes、Microsoft Exchange、Novell GroupWiseなど、ほとんどのメールシステムで利用できるという。

 今回提供を開始するサービスは1ユーザー当たり年額3ドルから。グーグルに買収される以前のPostiniのスパムフィルタリングサービスは年額30ドルからで、新サービスは非常に戦略的な価格設定といえる。大幅な値下げの背景にはグーグルに買収されて、より広いユーザーにリーチできるようになったことと、法人ユーザーを既存の社内システムからSaaSプラットフォームへ移行させるための同社の基本戦略があると見られる。

 具体的なサービスメニューは3つ。

 「Google Message Filtering」はインバウンドのスパムメールやマルウェアを防御するもので、利用料は1ユーザー当たり年額3ドル。

 「Google Message Security」はウイルス検知、情報漏えい対策を行うためのアウトバウンドのメッセージスキャン、メッセージスキャンのポリシー管理機能などを提供する。利用料は1ユーザー当たり年額12ドル。

 「Google Message Discovery」はメールアーカイブサービス。1年分のメールの保存と検索サービスを提供することで、コンプライアンス対策のニーズに応える。利用料は1ユーザー当たり年額25ドルからで、メールの保存期間の延長も可能。

 グーグルによれば、有償もしくは無償で提供されるGoogle Appsは50万を超える法人および大学で利用されている。Postiniのサービスは4万の顧客企業を持ち、毎日1400万人が利用している。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「Oracle Marketing Cloud」は、マーケターが抱える5つの難題にどう取り組むのか
一貫した顧客体験を実現するためにはまずデータ、次にそれを使いこなすためのAIの力が必...

「若者のニュース離れ」って誰が言うた?――AbemaTV調査
15〜19歳のニュース視聴態度や災害・緊急時の情報収集に関するアンケート調査です。

生存戦略としての顧客体験、どこから着手する?  Gartnerのアナリストに聞く
多くの企業が顧客体験を向上させるための取り組みを始めているものの成功している企業は...