自社導入のノウハウを生かす

eラーニングで「OpenOffice.org入門」、アシストが発売

2008/02/14

 アシストは2月14日、「Microsoft Office」からオープンソースのオフィススイート「OpenOffice.org」に移行する企業のエンドユーザーを対象にしたeラーニングコンテンツを発売したと発表した。アシストは2007年2月に自社内の700台のPCをMicrosoft OfficeからOpenOffice.orgに移行した(導入事例記事)。eラーニングコンテンツは、OpenOffice.orgの自社導入のノウハウも含んでいるという。

 アシストは2007年6月からOpenOffice.org導入の支援サービスとして研修やヘルプデスクを提供してきた。今回発表したeラーニングコンテンツもその1つ。eラーニングはOpenOffice.orgを利用するエンドユーザーが対象で、OpenOffice.orgの基本操作を学べるようになっている。

ooo01.jpg アシストが発売したOpenOffice.org学習のeラーニングコンテンツ

 コンテンツは約2時間の長さ。1章でOpenOffice.orgの概要と基本操作を学び、2章以下でCalc、Writer、Impressの各アプリケーションの操作を学習する。HTMLとFlashを使用。価格は250ユーザーの場合で、23万円(税別)から。

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...

脳波計測で判明 Twitterを使いながら番組を見る人は満足度が高い――Twitter Japan調査
脳波を活用した感性把握技術を活用して「テレビとTwitter」の関係について分析しています。