動画広告でのマネタイズがより簡単に

動画にもAdSense、グーグルがベータ版開始

2008/02/22

 米グーグルは2月21日、映像内に広告を表示する「AdSense for video」のベータ版を開始した。2007年5月にパイロットプログラムとして提供を開始したもので、広告の表示スタイルは、すでにYouTube上で提供している「InVideo ad format」と呼ばれる映像視聴者にとって邪魔にならない広告表示を行う。

 現在のベータ版を利用できるのは、米国に拠点を置き、英語で情報提供を行うパブリッシャーのみだ。月間に最低100万ストリームの映像配信を行っていることも条件となる。スタート時点では、Googleコンテンツネットワークに参加するWebサイト、BobVila.com、eHow、MyDamnChannel、ExpertVillage、PinkBike、TheNewsRoom、RevverがAdSense for videoを組み込む意向という。

 今後は対象となる地域や規模を広げ、利用可能なパブリッシャーを増やしていく。

 表示できる広告は、映像の下部の領域に、テキストや映像をオーバーレイ表示させることができる。テキスト広告の場合には、WebサイトやWebページの内容とのマッチングも行う。

gvideo01.jpg グーグルが公開している映像にオーバーレイ表示した広告の例

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

300を超える大手メディアから配信先を選定可能、マイクロアド子会社が新たな動画広告配信サービスを開始
マイクロアドの子会社であるエンハンスは、動画広告配信サービス「Enhance Locus」の提供...

Tableau 2019.1が自然言語処理によるデータ分析機能を搭載
Tableau SoftwareはTableau最新バージョンとなる「Tableau 2019.1」をリリースした。主な...

ヤフー、YDNに新メニュー「動的ディスプレイ広告(Dynamic Ads for Display)」を追加
ヤフーは「動的ディスプレイ広告(Dynamic Ads for Display)」の提供を開始した。