Web標準技術準拠テストスィート

新Acidテストは、Webアプリケーションに焦点

2008/03/04

 Web技術の標準化を目指した活動を行うWeb Standard Project(WaSP)は3月3日、Webブラウザの互換性テストツールの最新版「Acid3」(アシッド3)を発表した。従来のAcidテストではHTMLやCSSのレンダリングにおける再現性や標準準拠のチェックが主な目的だったが、Acid3ではWebアプリケーションで多用される動的コンテンツに関するチェック項目が中心となる。具体的には、ECMAScript(JavaScript)やW3CのDOMレベル2関連の規格を使ったDOMツリー操作を行うコンテンツを扱う。Acid3は100個のテストから構成され、従来通りHTMLやXHTML、CSS、SVG、HTTPに関してもテストを行う。

 結果は100点満点で表示される。点数に加え、テスト中に正しくアニメーションが動作することも、Acid3合格に必要だという。Windows XP SP2環境で試したところ、Firefox 2が100点満点中50点、Opera 9.50が60点、Internet Explore 7ではレイアウトが崩れて得点が判読ができなかった。

 2005年にAcid2がリリースされ、Internet Explorer、Firefox、Safari、Operaなど主要なWebブラウザの非互換性や標準規格への準拠についての議論のベースとなってきた。

sample.png Acid3テストで正しくレンダリングされた場合の例
ie.png Internet Explorer 7.05730.11でAcid3テストを表示。点数は判読できない
firefox.png Firefox 2.0.0.12では100点満点中50点
opera.png Opera 9.50 Beta1では100点満点中60点

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

コロナ禍がD2Cを後押し セールスフォースが最短2週間でECサイト立ち上げ可能なライセンスパッケージ提供
セールスフォース・ドットコムが提供開始した「Eコマース特別ライセンスパッケージ」の中...

アルムナイ(離職者)経済圏は年間1兆1500億円――パーソル総合研究所が調査
離職後と元在籍企業との関係性を明らかにし、双方にとってどのようなメリットを享受でき...

Zenlyで見る「自宅滞在率」 都道府県別および国別比較
ゴールデンウイーク中の日本でコロナ感染防止に最も努めたのは自宅滞在率約78%の北海道...