日本語名の汎用JPドメインは23%

JPドメイン登録数が100万件突破

2008/03/04

 JPドメイン名の登録管理とDNS(ドメインネームシステム)の運用を行う日本レジストリサービス(JPRS)は3月4日、JPドメイン名の累計登録数が100万件を突破したと発表した。2008年3月1日現在、累計登録数は100万3285件。1年前(2007年3月1日)と比較して約10万4千件以上、12%の増加となった。

 JPドメインの登録登録件数は1996年8月に1万件、1999年10月に10万件、2003年1月に50万件をそれぞれ達成していて、過去7年で4倍以上になったという。

 JPドメイン名の登録数内訳は「○○○.jp」という形式の汎用JPドメイン名が62万2903件、「co.jp」「ne.jp」などの属性型・地域型JPドメイン名が38万382件となっていて、2001年の登録開始以来、汎用JPドメイン名の伸びが大きいことが分かる。過去1年の伸びでも、属性型・地域型JPドメイン名が4%、汎用JPドメイン名は53万2699件から62万2903件へと9万件以上増え、17%の増加となっている。なお、汎用JPドメイン名のうち、約77%が英数字を使ったドメイン名で、日本語JPドメイン名は約23%にとどまる。

 汎用JPドメイン名の普及の理由としてJPRSは、複数登録が可能なこと、個人による登録が可能なこと、企業による商品ごとのWebサイト開設や、個人ブログなどインターネットを利用した情報発信が一段と進んだこと、年間登録料金の値下げ(2007年3月実施)などを挙げている。

jprs01.png 出典:JPRS発表資料

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「Webサイトのデジタルマーケティング実力評価診断」 エクスペリエンスとNexalがサービス開発
エクスペリエンスとNexalがそれぞれに長年手掛けてきたコンサルティングの知見を生かし、...

「幸福感を広めてほしい」 コロナ禍で政府への信頼が低下する一方、ブランドへの期待感が高まる
McCann Worldgroupが「文化と新型コロナウイルスについての真実 第9回調査」の結果を発...

今ツイートした人に広告配信 電通デジタルと電通が「リアルタイムキーワードターゲティング」を提供開始
広告主が配信対象とするツイートのターゲティング期間を短縮してタイムラグを解消。今ま...