フルタイムで2人を雇用

米サン、JRubyに続いてJythonの開発者を採用

2008/03/04

 動的言語で人気の高いPython。そのPythonのJava VM上の実装「Jython」の開発者として知られるフランク・ウィアーズビック(Frank Wierzbicki)氏は3月3日、自身のブログで米サン・マイクロシステムズにJythonの開発者として雇用されたことを明かした。ウィアーズビック氏は2005年からJythonのリード開発者を務めており、今後も従来通りJythonの開発に従事する。同時に、Pythonコミッターのテッド・レウン(Ted Leung)氏も自身のブログでサンでPython関連のプロジェクトに従事することを明かしている。

 サンはこれまで、Java VM上のRuby実装である「JRuby」の主要開発者の2人であるチャールズ・ナッター(Charles Nutter)氏とトーマス・エネボ(Thomas Enebo)氏を2006年9月に雇い入れた経緯がある。この2人がRubyコミュニティとの関係を維持しつつ、うまくJRubyの開発を続けているという事実が、今回、Python開発者の2人にサンへの入社を決意させたようだ。

 こうしたサンの動きは、オープンソースへの同社のコミットメントを示すものだ。今回の件をはじめ、動的言語関連の動きをリードしているサン・マイクロシステムズのティム・ブレイ(Tim Bray)氏はブログの中で、同社がPython Software Foundationへの参加を申請したこと、Python開発者のカンファレンス「PyCon」のスポンサーとなったことなども明かしている。

 なお、Pythonの生みの親であるGuido van Rossum氏は2005年から米グーグルで働いているが、労働時間の半分だけをPythonに費やしているという。Tim Bray氏はブログの中で、「FrankとTedをのぞいて、フルタイムでPythonの開発を行って給料をもらえる人は、誰かいるだろうか」と書いている。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Java Agile フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

Accenture調査から見えた2020年の5つのテクノロジートレンド
「テック・クラッシュ」を乗り切るにはどうすればいいのか。AccentureのCEOおよびCTOの記...

電話サポートの保留音、世界の主流はクラシック――Genesys調査
13カ国で実施した電話サポートの保留音に関する調査結果です。

エコ活動・SDGsへの意識 「フードロス」「廃プラスチック」に高い関心――CCC調査
エコ・環境問題への関心や関連トピックスへの認知度などを調査しています。