JavaScriptやHTMLのロード時間を高速化

HTML5も先取り、Safari最新版がリリース

2008/03/19

 米アップルは3月18日、Mac OS XおよびWindows XP/Vista向けWebブラウザの最新版「Safari 3.1」の無償ダウンロード提供を開始したと発表した。WebページのロードやJavaScriptの実行速度を大幅に向上したほか、Web標準技術への対応も進めた。

 アップルによれば、PC MagazineやVeriTestが開発したWebブラウザのベンチマークテスト、iBench 5.0において、Safari 3.1はWebページのロード時間でIE7の1.9倍、Firefox 2の1.7倍の速度となったという。また、ほかのWebブラウザに比べてJavaScriptの実行速度が最大6倍としている。

 Flashなどプラグインを使わずにHTMLにオーディオやビデオを埋め込む「video」「audio」のタグをサポート。これは2008年1月にWeb関連技術の標準化団体W3Cから最初のドラフトがリリースされた「HTML5」に含まれるもので、Webブラウザによる正式サポートは初。同様にHTML5で取り入れられる予定のWebブラウザ側のクライアントサイドストレージもサポートする。これはブラウザ上で実現される簡易SQLデータベースで、従来サーバ側に保存していたデータをブラウザ側で蓄積・検索できるようになる。

 表示関連の機能では、新たにCSSを使ってアニメーションを実現できるCSS transforms and transitionをサポートしたほか、CSS3のWebFontsに対応。2次元ベクトルグラフィックスを記述するSVG関連の対応機能も増えている。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

Accenture調査から見えた2020年の5つのテクノロジートレンド
「テック・クラッシュ」を乗り切るにはどうすればいいのか。AccentureのCEOおよびCTOの記...

電話サポートの保留音、世界の主流はクラシック――Genesys調査
13カ国で実施した電話サポートの保留音に関する調査結果です。

エコ活動・SDGsへの意識 「フードロス」「廃プラスチック」に高い関心――CCC調査
エコ・環境問題への関心や関連トピックスへの認知度などを調査しています。