新たなインストーラー「Wubi」搭載

Windowsとのデュアルブート環境構築が容易に、「Ubuntu 8.04」β版

2008/03/26

 英Canonicalは3月21日付で、Debian派生のLinuxディストリビューション「Ubuntu」の次期バージョン「Ubuntu 8.04」のβ版をリリースした。正式版は4月に公開される予定だ。

 Ubuntu 8.04は「Hardy Heron」のコードネームで開発が進められていたものだ。β版はカーネル2.6.24を採用しており、2.6.23-rc1でマージされた新しいスケジューラ「Completely Fair Scheduler」などを搭載している。

 同時に、KVMを正式にサポートし、仮想マシンの作成/管理を容易に行えるようになった。ほかにも、AppArmorの対象となるアプリケーションを拡大してセキュリティを強化したり、Active DirectoryやiSCSIをサポートするなど、多くの機能拡張が盛り込まれている。

 また、Windowsユーザー向けの新たなインストーラー「Wubi」を利用することで、WindowsとUbuntuのデュアルブート環境を容易に構築できることも特徴だ。Wubiでは、パーティションに手を加える作業を行うことなく、通常のWindowsアプリケーションと同じようにしてUbuntuをインストールできるという。

 デスクトップ向けの「Desktop Edition」ではKDE 3.5.9、GNOME 2.22、OpenOffice.org 2.4.0rc2などが、サーバ用にはApache 2.2、PostgreSQL 8.3、PHP 5.2.4などが搭載されている。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

営業デジタル化の始め方(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

「RED」「Bilibili」「Douyin」他 中国の主要SNSプラットフォームの特徴まとめ
トレンド変化の大きい中国においてマーケティングを成功させるためには、主要SNSプラット...

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...