メジャーバージョンアップは2008年秋に

細かな機能強化を図った「OpenOffice.org 2.4.0」リリース

2008/03/28

 OpenOffice.orgコミュニティは3月27日、オープンソースのオフィススイートの最新版「OpenOffice.org 2.4.0」をリリースした。Windows版、Linux版、Solaris版およびMac OS X版が用意されている。

 OpenOffice.orgは、ワープロソフト「Writer」や表計算ソフトの「Calc」、プレゼンテーションソフトの「Impress」などを統合したオフィススイートで、無償で入手可能だ。新バージョンではバグ修正に加え、HTTPS経由のWebDAVサポートやPDFファイルの処理の強化など、いくつかの機能が追加されている。

 個別のアプリケーションで見ると、例えばWriterでは、スペルチェック機能や検索/置換機能が強化され、Calcでは行/列をドラッグ&ドロップで移動したり、テキストを変換する機能が追加された。データベースの「Base」では、クエリデザイナの改善に加え、Microsoft Access 2007のサポート、MySQLおよびOracle/JDBCサポートの強化などが図られている。

 Office 2007ファイルのサポートやPDF対応強化などの機能を盛り込んだバージョン3.0は2008年秋にリリースされる予定だ。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

3万円で始めるウェビナー 配信ツールをどう選ぶ?
まずはスモールスタートで。今回は、ウェビナーを実施するための体制や必要な環境につい...

有料化直後のドラッグストアでは「レジ袋購入しない人」が約8割――True Data調べ
2020年7月1日からレジ袋を有料化したドラッグストアの実購買データを調査。

B2BサービスサイトにおけるCVの58%はトップページからの直行――WACUL調査
CV(コンバージョン)を目的としたWebサイトの改善に必要な施策とは何か。4つのデータに...