2.3GHz帯でサムスンら

4社8製品が合格、初のモバイルWiMAX機器認証

2008/04/09

 WiMAXフォーラムは4月8日、モバイルWiMAXの機器認証に初めて8製品が合格したと発表した。合格したのはPOSDATA、Runcom Technologies、サムスン・エレクトロニクス、Sequans Communicationsの4社の基地局と利用者向けユニットで、いずれも2.3GHz帯の製品。厳密な検証のうえ、標準規格への準拠と相互運用性が確かめられたという。

 同フォーラムでは今後数カ月以内に、日本でのサービスが予定されている2.5GHz帯の製品について認証を行う予定。2008年中に100製品以上が同様の認証を得ると見られる。

 なお、日本ではKDDI、インテル、JR東日本、京セラらが共同出資して設立した「UQコミュニケーションズ」が2009年2月にモバイルWiMAXの試験サービスを開始し、夏の月額3200円程度の商用サービスインを予定している。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

ゴールデンウイークの消費「かなり減った」が過半数――モニタス調査
2020年のゴールデンウイークにおける消費の実態調査です。

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...

「バンダイチャンネル」が実践する解約防止術
サブスクリプションビジネス成功の第一歩はユーザーの解約防止にあり。その実践事例を「...