PHP、Groovyコードにも対応

IBM、マッシュアップ基盤「WebSphere sMash」発表 無償版も

2008/06/12

 日本IBMは6月12日、PHPをサポートするマッシュアップの開発、実行基盤製品「WebSphere sMash V1.0」の日本語対応版を6月20日に発売すると発表した。Web上のコンテンツだけでなく、SOAPベースのWebサービス、REST、JSONをサポートし、企業の既存の情報システムからも情報を取得できるのが特徴。

ibm01.jpg 日本IBMの理事 WebSphere事業部長のデビッド・ベイト氏

  sMashはマッシュアップの開発環境、実行環境で構成する。開発環境はWebブラウザベース。フィードの取得やサービスの呼び出し、データ変換など65以上のモジュールが用意され、ドラッグ&ドロップでパイプをつなぎ、アプリケーションを構築できるようにしている。PHP、Groovyのコードも組み込むことができる。Eclipseのプラグインもある。

 実行環境はJava SEの仮想マシン上に構築される。1つのアプリケーションごとに1つの仮想マシンを割り当てる考えで、仮想マシン上でsMashのランタイム、PHP、Groovyの独自ランタイムが起動する。HTTPサーバ機能もあり、開発したアプリケーションをすぐにデプロイし、実行できる。

ibm02.jpg sMashの構成
ibm03.jpg sMashで開発するマッシュアップ・アプリケーションの全体像

 日本IBMの理事 WebSphere事業部長のデビッド・ベイト(David Bate)氏はsMashについて「社内データ、社外のデータをサーバサイドで組み合わせられる機能がもっとも面白い」と話し、「真のエンタープライズ環境でマッシュアップをするには、SOA、Webサービスの考えを組み合わせる必要がある」と説明した。

 sMashはIBMが2007年6月に始めた「Project Zero」の成果だ。Project ZeroではsMashのプロトタイプを公開し、ユーザーのレビューを受けながら開発を進めた。sMash自体はオープンソースソフトウェアではないが、ソースコードのダウンロードが可能で、6月10日現在で40万2000のダウンロードがあったという。

 sMashは143万円から。5つのアプリケーション・インスタンスまで稼働させることができる。メッセージングの信頼性を高めるオプション製品「WebSphere sMash Reliable Transport Extensions」も発売する。価格は28万6000円。

 sMashには上記のProject Zero版以外に、IBMによるサポートがない無償版の「WebSphere sMash Developer Edition」もある。機能は製品版と同じだが、4つのプロセッサコアまでしかサポートしないなど制限がある。IBMは開発環境としての利用を想定している。

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

F1層(20〜34歳女性)に聞く「タピオカドリンクを飲む理由」――ミュゼマーケティング調べ
タピオカドリンクを購入する理由などを、20〜34歳女性1764人にリサーチしています。

「GAFA」を脅威と言う前に正しく理解する――オプトホールディング鉢嶺 登氏インタビュー
『GAFAに克つデジタルシフト』(日本経済新聞出版社)を上梓したオプトホールディング代...

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。