英語版開発を本格化

Lunascapeがシリコンバレー進出、現地法人を設立

2008/06/16

 Lunascapeは6月16日、米国シリコンバレーに100%子会社のLunascape Inc.を設立したと発表した。Webブラウザ「Lunascape」の世界展開を本格化させるのが目的。代表取締役社長の近藤秀和氏が米国法人の代表に就いた。米国法人の資本金は30万ドル。

lunascape01.jpg

 近藤氏は今年4月からシリコンバレーに渡り、法人設立を準備してきた。近藤氏は今後、現地に滞在し、4〜5人のスタッフと共に研究開発を行う。 Lunascapeは「これからのグローバル展開を考えたうえで、マーケティングやリサーチ、研究開発を行う現地法人を置いた方がよいと判断した」としている。

 具体的にはこれまで試験的に行ってきたLunascape英語版の開発を本格化させる。そのほかの製品のグローバル展開も図る考え。

 LunascapeはInternet Explorer(Trident)とFirefox(Gecko)のHTMLレンダリングエンジンを切り替えて使えるタブブラウザ。同社によるとこれまで900万回以上ダウンロードされているという。

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

SDGsとマーケティングと愛される企業の在り方を考える
本連載では経営とマーケティングの視点で見た「企業とSGDs」をテーマに、私たちの考えて...

在日中国人女性に聞いた「小紅書(RED)」利用実態――アライドアーキテクツ調査
中国の大人気SNS「小紅書(RED)」。回答者の約97%がREDの口コミを参考にして商品購入や...

「サイト内検索」ツール 国内売れ筋TOP10(2021年6月)
検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効果的に表示させるサイト内検索ツール。...