動的なコンテンツにも対応

Flashを検索可能に、アドビがグーグル、ヤフーと協力

2008/07/02

 米アドビシステムズは7月1日、Flashコンテンツ(SWF)の検索の精度を上げるよう検索サービス提供者らと協力していくと発表した。スタート時にはグーグルおよびヤフーに対して、最適化されたAdobe Flash Playerを提供するとともに、SWF形式のファイルに含まれるテキストのインデックス化に関して技術情報を提供していく。

 すでにSWFの技術仕様は公開されているほか、これまでにもグーグルはFlashコンテンツのテキスト要素をインデックスしてきたが、動的コンテンツについては扱いが難しく、精度が上がらないという問題があった。今回の協業により、RIA開発者、Webコンテンツ制作者はFlashコンテンツを検索対象とするために、既存のコンテンツへの追加や変更の必要がなくなるとしている。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「Taboola」「Adblade」「Innovid」 ネイティブ広告&ビデオアドネットワーク市場の世界動向
他社はどのツールを導入しているのか。営業インテリジェンスデータサービス「Datanyze」...

イノベーション創出への課題、経営層と社員の間に重大な認識の違い――アクセンチュア調べ
企業のイノベーション創出には何が必要なのでしょうか。

広告クリエイティブの効果を配信前にAIが予測、電通グループ4社が「MONALISA」を開発
Instagram、Facebook、Twitterの3種類のソーシャルメディアにおける動画再生完了率とCTR...