ランキング情報も取得可

商品点数1500万、「Yahoo!ショッピング」もAPI公開

2008/07/22

 ヤフーは7月22日、同社が運営する「Yahoo!ショッピング」のAPIの公開を本格的に開始した。商品検索APIを使い、約1500万商品の中から、キーワードやJANコード、ISBNコード、カテゴリ、製品ID、人物ID、ブランドID、ストアIDで商品検索が行える。APIはREST対応で、検索結果や商品の詳細情報はXML、PHP serialize、JSONPなどで受け取れる。

 商品検索のほか、約8500のカテゴリ別の売り上げランキング、性年代別、週間および日間の売り上げランキング情報の取得もできる。カテゴリ情報自体もAPIで取得できる。

 8月以降には指定URLのコンテンツを解析し、その内容に適合する商品情報を取得するAPI、Yahoo!ショッピング内の検索キーワードランキングを取得するAPIなどを提供していくという。

 今回公開されたAPIを使うことで、商品データベースと各種機能を活用したアプリケーションやショッピングコンテンツを作成できる。法人利用も可能で、ニワンゴ、きざしカンパニー、バリューコマースシックス・アパートなど一部提携企業に2008年5月から先行して同APIを公開している。

 同社はこれまでにも「Yahoo!検索」や「Yahoo!地図」など14サービスのAPIを公開している。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

中小企業のDX支援へ「HubSpot CRM」と「Eight 企業向けプレミアム」が機能連携
名刺情報をコンタクト情報と同期させることでユーザー企業は社員が個別に蓄積してきた名...

「E-Waste」最新事情 国民一人当たりで最も多くの電子廃棄物を排出しているのは?
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

「不祥事によって購入・利用意向が下がる」 回答者の6割以上――ネオマーケティング調査
20〜69歳の男女1000人に聞いた、広報のリスク管理に関する調査の結果です。