「Liferay」採用し30種類以上の機能を提供

NRI、フル・オープンソースの企業内ポータル発表

2008/09/04

 野村総合研究所は9月4日、オープンソースのポータルソフトウェア「Liferay」を中心に開発した企業内ポータルソリューション「OpenStandia/Portal」の提供を開始したと発表した。ソリューションを構成するデータベースやWebアプリケーションサーバにもオープンソースソフトウェアを活用するなど、「フル・オープンソース」が特長の1つとなっている。

 Liferayは米ライフレイが提供するソフトウェア。ポータル機能を提供する「Liferay Portal」、コンテンツ管理システムの「Liferay Journal」、ブログやインスタントメッセージングの「Liferay Collaboration Suite」で主に構成する。NRIはLiferayを自社導入していて、1000人を超える組織横断型プロジェクトのポータルとして使っているという。

nri01.jpg 「OpenStandia/Portal」の利用画面

 OpenStandia/Portalはシングルサインオン、ファイル共有、CMS、スケジューラ、Wikiなど30種類以上の豊富な機能を持つ。ビジネス・インテリジェンス機能を提供する「OpenOLAP」「Jasper Reports」もコンポーネントに含む。

 データベースは「MySQL」、Webアプリケーションサーバは「JBoss」で使う。Javaポートレットの仕様であるJSR 168に対応し、開発したポートレットを組み込むこともできる。Javaベースで開発されている既存情報システムと連携させやすいという。

nri02.jpg 「OpenStandia/Portal」の構成

 OpenStandia/Portalのソフトウェアライセンスは無償。NRIは導入サービス、以降サービス、年間サポートサービスで収益を上げる。導入サービスはサーバ1台当たり60万円から、移行サービスは個別見積り、年間サポートサービスはサーバ1台当たり年間60万円から。NRIは今後3年間で300社への導入を目指す。

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

ツイートから見る訪日外国人の高評価観光スポット――東京海上日動火災保険とNTTデータ調査
ソーシャルビッグデータを活用した全国インバウンド観光調査の結果です。

AmazonがAppleとGoogleを抑えトップブランドに――BrandZ 2019
世界最大級の広告代理店WPPとその調査・コンサルティング業務を担うKantarによる「世界で...

人工知能「Adobe Sensei」は日本のデジタル広告市場をどう変えるのか
「Adobe Advertising Cloud」の事業責任者に広告業界で経験豊富なエキスパートが就任。日...