ダウングレード権に期限切れはない

Windows XPのダウングレード権延長は“都市伝説”

2008/10/08

 あちこちのブログで騒がれているのとは逆に、英マイクロソフトはOEM版Windows XPの「ダウングレード」ライセンスを6カ月延長していない。

 マイクロソフトが実際にしたのは、OEMにWindows XPメディアを来年6月30日まで提供すると同意したことだ。私が言葉遊びをしていると非難する人もいるだろうが、そうではない。これは報道の正確さと呼ばれるものであり、ほとんどの人は誤解をしている。

 ブログ界は週末、噂されていたダウングレード権延長を巡って興奮と冷笑と非難で沸いた。誰もがマイクロソフトに指を左右に振って「だからVistaは駄目だって言っただろ」と言っているようだった。複数のOEMが1月31日以降もWindows XPを提供し続けたがっていることに疑いはないが、そのために延長は必要ではなかった。

 ダウングレード権については、次のようなクレイジーな都市伝説がある。

  • Vistaと一緒に新たに生まれた
  • 1月31日に期限が切れる
  • OEMを通じてしか入手できない

 これらは誤りだ。マイクロソフトは以前からOEM版Windowsのダウングレード権をボリュームライセンス経由で提供していた。Windows XP Professional OEM版はWindows 2000にダウングレードできる。同様に、Windows Vista BusinessとUltimateはWindows XP Professionalにダウングレード可能だ。マイクロソフトのダウングレード権ファクトシートによると、Windows XP Proは購入者または「エンドユーザーから許可を受けたOEM」がVista BusinessまたはUltimate向けライセンス付きPCにインストールできる。

 ダウングレード権に期限切れはない。少なくとも、現行OSが提供されている間は。私は昨日マイクロソフトのPR担当者2人と「延長」という言葉のニュアンスについて話をしたが、公式の回答は以下のような弱々しいものだった。

 「Windows Vistaに移行する顧客が増える中で、われわれは彼らが自信を持って、できるだけスムーズに移行を実施できるようにしたいと考えている。ダウングレードメディアを提供する期間をもう数カ月長くすることは、小規模企業顧客に1対1のカスタムサポートを提供するWindows Vista Small Business Assuranceプログラムと同様に、そうした取り組みの一環だ」

 私はこの回答に不服だった。市場の状況に見合うものではないからだ。多くのOEMはWindows XPダウングレードメディアをコンシューマPC向けに提供している。そこでもう一押ししたが、その回答も同じくらい不満が残るものだった。

 「一部のパートナーは、顧客がWindows Vistaに移行する間、適切なメディアで彼らをサポートできるようにしたいと思っている。アップグレード前のアプリケーションテストが長引くことがあると知っているからだ。すべてのパートナーがこのオプションを提供しているわけではないため、顧客はOEMやシステムビルダーに詳しいことを問い合わせた方がいい」

 いずれのコメントも不正確で、状況を十分に反映していない。確かにマイクロソフトは主に企業向けにダウングレード権を提供しており、企業は相互運用性や資産管理のためにこの権利を行使している。IT部門は通常、組織のほとんどを1つのプラットフォームに統一しており、それは古いバージョンのWindowsの方が簡単だろう。

 Windows Vistaで異なるのは――この点では批判派は的を射ているが――、ダウングレード権がコンシューマにも拡大され、長期間提供されることだ。デルなどのOEMがXPを提供するのは、顧客がそれを求めているからだ。さらにすごいのは、1月31日以後に起きることだ。新しいバージョンのWindowsが登場してから2年以上たっても、OEMがコンシューマに積極的にダウングレード権を提供するというのは前例がない。

 マイクロソフトは――私が知るところでは一部OEMの要求で――、Windows XPのインストールメディア提供を延長することを選んだ。延長期間は6カ月で、6月30日までとなる。この延長がなかった場合、OEMは新品PCと一緒に配布するXPメディアを買いだめしておいてダウングレードを提供するか、顧客はマイクロソフトから直接メディアを要求してダウングレード権を行使できるだろう。

 物流面では、マイクロソフトがXPメディアの提供を延長するのは、以下の理由から賢明だ。

  • すでに機能している流通とライセンスのメカニズムがある
  • コンシューマがマイクロソフトにダウングレードメディアを要求すれば、マイクロソフトのサポートコストが上昇する
  • 一番人気のバージョンはWindows Vista Home Premiumであって、ダウングレード権の対象となるBusinessとUltimateではない。また、OEMはXPディスクをたくさんでも少量でも簡単に予約できる

 それから、Windows 7は一部アナリストの予測よりも早く登場する。7のリリース目標が2009年の年末商戦だとすると、6カ月というXPメディア提供の延長期間は、マイクロソフトが7を完成させるころに終わる。これはあくまでも私の予想だ。

 一部では、マイクロソフトがWindows Vistaをあきらめたとの声もある。ある意味ではその通りだ。マイクロソフトの「Windows. Life Without Walls」マーケティングキャンペーンはVistaを中心にしたものではない。もちろん、指を左右に振って「Vista. Walls Without Windows.(Vista。窓のない壁)」と批判する人もいるだろうが。

原文へのリンク

(eWEEK Joe Wilcox)

情報をお寄せください:


この記事に対するご意見をお寄せください managemail@atmarkit.co.jp

アイティメディアの提供サービス

スキルアップ/キャリアアップ(JOB@IT)

- PR -

@IT Sepcial

「ITmedia マーケティング」新着記事

「営業電話が世界で激減」「チャット利用急増」など コロナ禍のB2Bマーケ&営業の現状――HubSpot調べ
問い合わせに使われるチャネルの変化や案件の成約数など、HubSpotの顧客データで読むコロ...

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...