アクセス集中で簡易版Webページを用意

MS Officeとの互換性高めた「OpenOffice.org 3.0」リリース

2008/10/14

 オープンソースのオフィススイート「OpenOffice.org」の最新バージョン「OpenOffice.org 3.0」が米国時間の10月13日に公開された。英語版だけでなく、日本語版もリリースされている。なお、これにともないダウンロードサイトへのアクセスが増加し、Webサーバの負荷が高まったため、現在、簡易ページでダウンロード先へのリンクが提供されている。

openoffice01.jpg ダウンロードサイトでは、アクセス集中のため簡易ページが表示されている

 OpenOffice.orgは、ワープロソフトの「Writer」、表計算の「Calc」、プレゼンテーションソフトの「Impress」などのアプリケーションを統合したオープンソースのオフィススイートだ。オープンソースで提供されており、無償で利用できる。これまでに会津若松市住友電工アシストなどがOpenOffice.orgの採用を決断している。

 新バージョンでは、XMLベースの標準文書形式「ODF(Open Document Format)1.2」をサポートした。また、Microsoft Officeとの互換性を高めており、Office 2007形式で採用された.docx、.xlsx、.pptxといったファイルフォーマットのインポートが可能なほか、すべてではないにせよ、VBAで作成したExcelのアプリケーションをCalcで実行できるようになっている。Calcでは、複数のユーザーによるドキュメント共有機能も追加された。

 対応プラットフォームはWindowsとLinux、Solaris、Mac OS X。Mac OS X版については、従来のX11に代えてAquaをサポートしている。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「Spotify」がさらに市場拡大 まさに音速の勢いでアフリカ大陸まで届く
「Spotify」の10億人ユーザー獲得への成長ロードと、パンデミック後へのしたたかな戦略

電通「LGBTQ+調査2020」 性的少数者が企業に「望むことがある」業種 最多はメディア
LGBTQ+に対する意識と知識、当事者と企業などの関係についての調査です。

集英社が主要Web媒体の広告枠をアドベリフィケーション対応に
主要媒体の基本的な純広メニューおよびPMPでのディスプレイ広告につき、あらかじめ広告主...