アクセス集中で簡易版Webページを用意

MS Officeとの互換性高めた「OpenOffice.org 3.0」リリース

2008/10/14

 オープンソースのオフィススイート「OpenOffice.org」の最新バージョン「OpenOffice.org 3.0」が米国時間の10月13日に公開された。英語版だけでなく、日本語版もリリースされている。なお、これにともないダウンロードサイトへのアクセスが増加し、Webサーバの負荷が高まったため、現在、簡易ページでダウンロード先へのリンクが提供されている。

openoffice01.jpg ダウンロードサイトでは、アクセス集中のため簡易ページが表示されている

 OpenOffice.orgは、ワープロソフトの「Writer」、表計算の「Calc」、プレゼンテーションソフトの「Impress」などのアプリケーションを統合したオープンソースのオフィススイートだ。オープンソースで提供されており、無償で利用できる。これまでに会津若松市住友電工アシストなどがOpenOffice.orgの採用を決断している。

 新バージョンでは、XMLベースの標準文書形式「ODF(Open Document Format)1.2」をサポートした。また、Microsoft Officeとの互換性を高めており、Office 2007形式で採用された.docx、.xlsx、.pptxといったファイルフォーマットのインポートが可能なほか、すべてではないにせよ、VBAで作成したExcelのアプリケーションをCalcで実行できるようになっている。Calcでは、複数のユーザーによるドキュメント共有機能も追加された。

 対応プラットフォームはWindowsとLinux、Solaris、Mac OS X。Mac OS X版については、従来のX11に代えてAquaをサポートしている。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...

自粛期間中の3大ストレスは「マスク着用」「運動不足」「外食ができない」――サイバーエージェント調査
サイバーエージェント次世代生活研究所が全国3094人を対象に実施した意識調査第2弾。