日本人のためのEclipseプロジェクトの集大成

Eclipse 3.4の日本語化言語パックが無償公開

2008/10/16

 NTTデータは10月16日、オープンソースの統合ソフトウェア開発環境「Eclipse 3.4」の日本語化言語パック(サードパーティ版)を無償公開した。NTTデータビジネスブレインズ、うぃる、Eclipse Japan Working Group、NTTデータイントラマートと協力して開発したもので、Eclipseプラグインとなっている。

 この日本語化言語パックを使うと、Eclipse 3.4のメニューを日本語化できる。EclipseおよびEclipseベースで作成された開発支援ツールを用いてシステム開発を行っている企業・プロジェクトにおいて、生産性や品質の向上が見込める。

 開発の背景については、@ITの記事「日本人のためのEclipseプロジェクトを知ってますか?」が詳しい。ここでは実際に、記者がEclipse 3.4の最も基本的な機能を備えた「Eclipse Classic」をインストールして表示させた英語メニューと、Eclipse Classic用の日本語化言語パックをインストールして表示させた日本語メニューのスクリーションショットが何点かあるので、見比べていただこう。

Eclipse Classicの英語メニュー Eclipse Classicの英語メニュー
日本語化されたEclipse Classicのメニュー 日本語化されたEclipse Classicのメニュー

 メニューの中も含め、プロジェクトの[プロパティー]ダイアログなどEclipse本体とは別のダイアログもしっかりと日本語されている。

Eclipse Classicのプロジェクトの[プロパティー]ダイアログ Eclipse Classicのプロジェクトの[プロパティー]ダイアログ
プロジェクトの[プロパティー]ダイアログもすべて日本語化 プロジェクトの[プロパティー]ダイアログもすべて日本語化

 また、ツールチップも日本語化されている。

Eclipse Classicのアイコンにマウスオーバーした際の英語のツールチップ Eclipse Classicのアイコンにマウスオーバーした際の英語のツールチップ
ツールチップも日本語に ツールチップも日本語に

 さらによく見ると、起動時のスプラッシュ画面まできっちり日本語化されている。

Eclipse 3.4の起動時のスプラッシュ画面(左)と日本語化された起動時のスプラッシュ画面(右) Eclipse 3.4の起動時のスプラッシュ画面(左)と日本語化された起動時のスプラッシュ画面(右)

 Eclipse 3.4.1 日本語化言語パック(サードパーティ版)は、SourceForge.JPのNTTデータグループ・オープンソーススクエア上に無償公開されている。NTTデータ、NTTデータビジネスブレインズ、うぃるは、今後もオープンソースを活用したシステム開発の生産性と品質の向上に寄与すべく、オープンソースコミュニティの活性化に貢献していくという。

(@IT 平田修)

情報をお寄せください:

Java Agile フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

TikTokをマーケティングに活用する企業がショートムービーでユーザーの心をつかむためにやっていること
TikTokをマーケティングプラットフォームとしての可能性に注目している企業は多いだろう...

日本は「行きたい国」1位――電通「ジャパンブランド調査2019」
電通が20カ国・地域で実施した「ジャパンブランド調査」の最新版の結果から、外国人の訪...

新発売の「iPad mini」を差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...