OSGi準拠のアプリケーションサーバ

オラクル、WebLogic ServerをFusion Middlewareに統合

2008/11/11

 日本オラクルは11月11日、「Oracle WebLogic Server 10g R3」の提供を開始した。BEA買収後初のアプリケーションサーバ製品リリースとなる。Oracle WebLogic Server 10g R3ではWebLogicの持つ高パフォーマンスのJavaアプリケーションサーバ機能がオラクルのミドルウェア製品群「Fusion Middleware」に統合され、価格も同社が他国で販売する価格並みにおさえての出荷となる。

三澤氏 製品のリリースに付いて紹介する日本オラクル常務執行役員 システム事業統括本部長 三澤智光氏

 今回のリリースでは、WebLogic Serverの機能自体をOSGi規格に準拠してモジュール化、パッチの適用が容易になるほか、組み込み系の用途にも柔軟に対応できるようにした。また、ADF RichClientによるRich Internet Application(RIA)アプリケーション構築支援機能も標準で提供される。標準でRIA向けのコンポーネントが多数用意されているほか、ロジックの定義から自動でXMLファイルを生成するなど、多くの部分が自動化されている。

デモの光景 グラフコンポーネントを作成後、WebLogic Serverで実行しているところ

 Oracle WebLogic Server 10g R3の提供開始にあわせ、よりリアルタイム性が求められるシステム向けに、Oracle WebLogic Server 10g R3 Enterprise Editionに、Oracle Coherence Enterprise Edition、Oracle JRockit Real Time(100ms版)を組み合わせた「Oracle WebLogic Suite」や、Oracle Coherence Grid EditionとOracle JRockit Real Time(1ms)版を組み合わせた「Oracle WebLogic Application Grid」も提供される。

 Oracle WebLogic Server 10g R3にはStandard Editionのほか、Enterprise ManagerやテストフレームワークであるOracle Application Testing Suite、データベース層とアプリケーション層を横断的に分析するOracle Diagnostics Pack for Oracle Middlewareが含まれるEnterprise Editionが用意されている。

 今後の販売体制について同社常務執行役員 システム事業統括本部長 三澤智光氏は、旧BEA WebLogicの営業組織はFusion Middlewareチームに統合され400人超の営業体制となるとした。オラクルの従来の販売パートナーに加えて、旧WebLocigの販売パートナーとも協業していく予定だとしている。

 製品価格は以下の通り。

製品名 プロセッサライセンス 10ユーザライセンス
Oracle WebLogic Server Standard Edition 108万7000円〜 21万7000円〜
Oracle WebLogic Server  Enterprise Edition 271万7400円〜 54万3000円〜
Oracle WebLogic Suite 489万1300円〜 97万8000円〜
Oracle WebLogic Application Grid 543万4800円〜 108万7000円〜

(@IT 原田美穂)

情報をお寄せください:

Database Expert フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

Google「Pixel 3a」(SIMフリー版)をメルマガ購読者に差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...

ファンケル、PLAZA、QVC 小売業が自社アプリを持つべき理由とは?
2019年5月15日に開催された「アプリの虎 Vol.4 〜有名企業のアプリ活用最前線〜」におい...

先進的なCMOを擁する企業は他社より11%高い株主利益を創出――アクセンチュア調査
アクセンチュアは日本を含む世界の大企業のCMOとCEOを対象にした調査を実施しました。