カーネル2.6.26、GNOME 2.24.1、OpenOffice 3.0

Fedora 10が正式リリース

2008/11/26

 オープンソースのLinuxディストリビューションを開発する「Fedoraプロジェクト」は11月25日、最新版の「Fedora 10」をリリースした。Linuxカーネル2.6.27、OpenOffice 3.0、GNOME 2.24.1、GIMP 2.6などオープンソースの最新のソフトウェアを含む。開発関連では、GCC 4.3.1、OpenJDK 6、NetBeans 6.1、Eclipse 3.4のほか、HaskellやOCamlサポートも強化したという。

fedora01.png Fedora 10のデスクトップ画面

 Fedoraはほぼ6カ月おきに新バージョンをリリースしており、今回のバージョンは過去5年間で10度目のリリースとなるという。Fedoraプロジェクトは米レッドハットが支援していて、Fedoraで開発した機能は、いずれRed Hat Enterprise Linuxをはじめとする各種Linuxディストリビューションにも取り込まれる可能性がある。

【参考記事】「FedoraはOSS全体に貢献する」、プロジェクトリーダー

 Fedora 10の主な新機能は以下の通り。

  • 強化されたNetworkManagerを使い、無線LAN接続やモバイルブロードバンド接続を、ほかのユーザーと無線LANで共有できる
  • 仮想化関連APIライブラリのlibvirtを使った仮想ストレージのプロビジョニング。リモートとローカルを同様に扱える
  • グラフィック画面が利用できるブートアップシステム「Plymouth」の採用。スプラッシュ画面からGDMへの移行でフリッカーが出ない、レジューム・サスペンド対応が改善されるなどのメリットがあるという
  • Fedora 9で導入したソフトウェア管理ツールの「PackageKit」は、必要なコーデックをオンデマンドでインストールする機能を搭載した
  • 起動を高速化。システム起動に必要なファイルをディスクから順不同(ディスク上の配置順)でメモリ上に先読みし、ブート時間を短縮する「Readahead」がブートプロセスで並行して走るようになった

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

消費増税、消費者の7割はポイント還元目的のキャッシュレス決済利用に積極的――サンケイリビング新聞社調査
女性のための生活情報紙「リビング新聞」を発行するサンケイリビング新聞社は、2018年11...

理想的なKPIとは何か? 商品企画・マーケティング・営業1034人が回答――プレイド調査
KPI設定に「顧客への提供価値の最大化」があるビジネスパーソンの約8割が 「(自社の)事...

10インチ画面付きスマートスピーカー、Amazon Echo Showを差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...