カスタマイズされたアプリケーションの追加が容易に

OpenSocialやOpenID対応の「OpenPNE 3.0」リリース

2009/01/27

 手嶋屋は1月27日、オープンソースのSNSエンジンの最新バージョン「OpenPNE 3.0」をリリースした。Apache 2.0 Licenseの下配布されている。

 OpenPNEは、プロフィールや日記、コミュニティといった機能を提供するSNSソフトウェア。これまでに企業やサークルなど約3万の組織への導入実績がある。

 新バージョンは、OpenPNEを「プラットフォーム化」し、目的に合わせて柔軟にアプリケーションの追加を行えるようアーキテクチャを変更した。あらゆるSNSで必要となるメンバー情報管理や認証といった機能を提供する「Social Application Layer」と、目的やユーザーに応じて個別に追加可能な「Social Graph Layer」の2つに分離し、それらをつなぐ複数のAPIを採用した。

 その1つが、Googleが開発し公開しているソーシャルアプリケーション開発用API「OpenSocial API」だ。これにより、外部のサービスをOpenPNEに取り込むことができる。また「OpenPNE Plugin API」では、各組織のニーズに合わせたソーシャルアプリケーションを開発し、必要に応じて取り外しできるようになる。3つ目の「OpenPNE Web API」は、外部からOpenPNEの操作を可能にするもので、例えばiPhoneのカメラからOpenPNEにアルバムを投稿するアプリケーションなどが作成できるようになる。

 ほかに、OpenID対応による外部サービスとのID連携や国際化対応、複数の認証方式への対応やAjaxの採用など、多くの機能強化が施されている。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

音声検索のランキングに影響する3つの要素――SEMrush調査
音声検索のランキングに強い影響を与えている要素についての分析です。

電通と電通デジタル、自動車販売店での試乗体験を支援する「AI試乗ソリューション」を提供
自動車販売店での試乗にAIが「同乗」。試乗に対する心理的ハードルを軽減するなどのメリ...

アジアで人気の日本のコンテンツ、マンガとアニメ以外では?――Fun Japan Communications調べ
アジア各国でも広く視聴されている日本のコンテンツ、どんなものが人気なのでしょうか。