カスタマイズされたアプリケーションの追加が容易に

OpenSocialやOpenID対応の「OpenPNE 3.0」リリース

2009/01/27

 手嶋屋は1月27日、オープンソースのSNSエンジンの最新バージョン「OpenPNE 3.0」をリリースした。Apache 2.0 Licenseの下配布されている。

 OpenPNEは、プロフィールや日記、コミュニティといった機能を提供するSNSソフトウェア。これまでに企業やサークルなど約3万の組織への導入実績がある。

 新バージョンは、OpenPNEを「プラットフォーム化」し、目的に合わせて柔軟にアプリケーションの追加を行えるようアーキテクチャを変更した。あらゆるSNSで必要となるメンバー情報管理や認証といった機能を提供する「Social Application Layer」と、目的やユーザーに応じて個別に追加可能な「Social Graph Layer」の2つに分離し、それらをつなぐ複数のAPIを採用した。

 その1つが、Googleが開発し公開しているソーシャルアプリケーション開発用API「OpenSocial API」だ。これにより、外部のサービスをOpenPNEに取り込むことができる。また「OpenPNE Plugin API」では、各組織のニーズに合わせたソーシャルアプリケーションを開発し、必要に応じて取り外しできるようになる。3つ目の「OpenPNE Web API」は、外部からOpenPNEの操作を可能にするもので、例えばiPhoneのカメラからOpenPNEにアルバムを投稿するアプリケーションなどが作成できるようになる。

 ほかに、OpenID対応による外部サービスとのID連携や国際化対応、複数の認証方式への対応やAjaxの採用など、多くの機能強化が施されている。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...

脳波計測で判明 Twitterを使いながら番組を見る人は満足度が高い――Twitter Japan調査
脳波を活用した感性把握技術を活用して「テレビとTwitter」の関係について分析しています。

旅行業界のデジタルシフトと「Go To トラベル」後の課題 びゅうトラベルサービスに聞く
列車旅の拡大活性化を目指してデジタルシフトを進めるJR東日本グループの旅行会社びゅう...