LPIC-3の第3弾

Linux技術者認定試験に高度なセキュリティ専門試験が追加

2009/02/23

 Linux技術者認定試験などを行っているNPO法人、LPI-Japanは2月23日、LPICの最上位レベルの資格となる「LPICレベル3試験」の専門試験「LPIC-3 Specialty LPI-303 Security」を発表した。2月28日に配信開始する。

 LPICレベル3の試験は、エンタープライズレベルでの仕事ができる技術者を認定する試験。IT業界のニーズに応える形で、LPICレベル3「Security」の試験を新たに開始する。今回加わる試験で、特に日本のマーケットのニーズに応えて開発したという。試験内容には、日本OSS推進フォーラムのセキュリティTFの協力により、セキュリティの最新技術を盛り込んでいる。

 LPIではすでに、LPICレベル3試験の301試験、302試験を2007年に開始している。レベル3の受験者数は、前年度比500%以上の高い伸びを達成しているという。

 LPIC-3 Specialty LPI-303 Securityの出題範囲は以下の通り。

  • 暗号化の技術(OpenSSL、GPG、ファイルシステムの暗号化など)
  • アクセスコントロール(SELinuxなど)
  • アプリケーションセキュリティ(Apache、Mail service、OpenSSH、MySQL、Syslog、FTPなど)
  • システムセキュリティ
  • 運用面の強化
  • ネットワークセキュリティ

 LPI-Japanでは、2009年1月に総受験者数で延べ11万人を達成していて、受験者数の実績は毎月2000人規模で推移しているという。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

スマートフォン・SNS内の保存データ 10代に多い「スクショ」「推し撮り」――博報堂生活総合研究所調査
スマホやSNSアカウント内に保存された写真の枚数や内容などを調査しています。

動画配信サービス利用者の約7割が広告視聴に対して前向き――The Trade Desk調査
テレビよりも動画配信、それも無料サービスの利用意向が高まっているようです。

「新しい出会いや人とのつながりを大切に感じるようになった」人が7割――Sansan調査
新型コロナウイルスの影響で、これまでのように気軽に出会えないことが、ビジネスパーソ...