最大80%のトラフィック削減

Opera Mobileもサーバ側圧縮機能対応に

2009/03/27

 Opera Softwareは3月26日、サーバ側でのアクセラレーション機能「Opera Turbo」に対応したモバイル端末向けのWebブラウザ「Opera Mobile 9.7」を発表した。オフライン時にWebアプリケーションの利用を可能とするプラグイン、Google Gearsにも対応する。

opera01.png Opera Turboオン(左)、オフ(中央)、IE Mobile(右)の比較(Operaが公開した動画ビデオから引用)

 Opera Turboにより、ユーザーが訪れるWebページのコンテンツを最大80%まで圧縮できるという。ユーザーは高速なWebアクセスが可能になる一方、キャリアにとってはユーザー体験を損ねることなくトラフィックを削減できるメリットがあるという。

 これまで同社はOpera Miniで同様のサーバ側でのアクセラレーション機能を提供してきたが、新たにOpera Mobileでも対応したことになる。両者の違いはOpera MiniがJava VM上で動くのに対して、Opera Mobileは端末にインストールするネイティブアプリケーションである点。Opera Turboは、いずれデスクトップ版のOperaでも採用する方向で検討を進めている(参考記事:速い! Opera Turboを使ってみた)。

 Opera Mobile 9.7では、デスクトップ版のOpera 10(アルファ版)でも使われている最新のレンダリングエンジン「Presto 2.2」を採用。CSSやAjaxの対応をテストするWeb標準のテストスイート「Acid 3」で100点中100点であるほか、Open GL/ESではハードウェアアクセラレータも利用できるという。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...