日本では東京・京都・大阪・神戸の4都市からスタート

Google Earthの都市が3D化

2009/06/10

 グーグルは6月9日、「Google Earth」で米国やヨーロッパ・アジアのいくつかの大都市の建物を三次元化したと発表した。国内では、東京、京都、大阪、神戸の4都市の建物が立体的に表現されるようになった。

earth01.png Google 3Dギャラリーに登録されたデータの例
earth02.png Google Earthで東京タワー近辺を表示した様子

 Google Earthのレイヤ表示設定で「建物の3D表示」のチェックボックスにチェックを入れると3Dデータが表示される。3DグラフィックデータはGoogle Sckech Upなどのツールを使って作成しものや、Google 3D Galleryのデータが使われているという。

 Google 3D Galleryはユーザー同士が3D作品を共有する場だが、アップロードした作品はGoogle Earthに載録される可能性がある。グーグルの河合敬一氏によると、「評価の高い作品は予告なしで載録する」こともあり、自分の作った作品が正式採用される可能性があることが、投稿者の励みになっているという。

 ユーザーは、Google Earth上に自分で作った建物のデータを配置できる。このためグーグルでは、不動産業界が外壁や屋根の色などの決定したり、自治体が都市ブランディングをする、教育現場で使うなどの利用を期待しているという。

(@IT 河内典子)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

電話サポートの保留音、世界の主流はクラシック――Genesys調査
13カ国で実施した電話サポートの保留音に関する調査結果です。

エコ活動・SDGsへの意識 「フードロス」「廃プラスチック」に高い関心――CCC調査
エコ・環境問題への関心や関連トピックスへの認知度などを調査しています。

国内アフィリエイト市場、仮想通貨やロボアドバイザー関連商材の成長で金融分野が拡大――矢野経済研究所調べ
矢野経済研究所の調査によると2019年度の国内アフィリエイト市場規模は前年度比8.7%増で...