EJBやLog4J、JMSにも対応、設定のカスタマイズも

エスエムジー、Java品質診断/改善ツールをJRubyに対応

2009/06/10

 エスエムジーは6月10日、Javaシステムの品質診断/改善ツール「ENdoSnipe(エンドスナイプ)」のバージョン4.0の提供を開始した。

 「ENdoSnipe」は、稼働中のシステムに手を加えることなく、パフォーマンスや品質の問題点を診断し「見える化」することで、障害解析や問題解決を支援するソフトウェア(参照:3つの機能でJavaトラブルを“見える化”するツール)。

 バージョン4.0では、大規模システムでも、ENdoSnipeをカスタマイズせずに使えるように、以下のポイントで基本機能の向上を実現した。

  • 取得した情報のサマライズ機能の追加
  • 情報取得対象の処理を自動的に絞り込む機能の追加
  • 各種フレームワークへの標準対応(JRubyやEJB、Log4J、JMSなど)
  • 取得ずみ情報のデータベースへの蓄積

 また、PerformanceDoctorの診断項目を追加。遭遇しやすいのに解決が難しい、以下のJavaのトラブルについて、その有無と原因を自動的に判定する。

  • メモリリークの発生
  • Javaアプリケーション内部でのデッドロック発生
  • 複数スレッドからの同時更新によるデータの破壊
  • システム起動時にのみ行われるべき処理の頻繁な実行
  • ソケットのタイムアウト時間未設定
  • 線形検索の実行

 さらにシステムから取得した情報をグラフ形式で表示するBottleneckEyeの機能を強化し、以下の情報も表示できるようにした。これにより、システムの障害発生時に何が起こっていたのかを詳細に分析可能になった。

  • システムのターンアラウンドタイム
  • システムのレスポンス回数
  • アプリケーションサーバのワーカスレッドの最大数・稼働数・待機数
  • コネクションプールのプールサイズ
  • HTTPセッションのインスタンス数やメモリサイズ

 また、性能異常として検出するターンアラウンドタイムやCPU使用時間などの設定を処理項目単位(メソッドやURL、SQL)ごとにカスタマイズ可能にした。

関連リンク

(@IT編集部 平田修)

情報をお寄せください:

Java Agile フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

消費増税、消費者の7割はポイント還元目的のキャッシュレス決済利用に積極的――サンケイリビング新聞社調査
女性のための生活情報紙「リビング新聞」を発行するサンケイリビング新聞社は、2018年11...

理想的なKPIとは何か? 商品企画・マーケティング・営業1034人が回答――プレイド調査
KPI設定に「顧客への提供価値の最大化」があるビジネスパーソンの約8割が 「(自社の)事...

10インチ画面付きスマートスピーカー、Amazon Echo Showを差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...