「TOMOYO Linux」と「NILFS」がメインラインに

2つの日本発プロジェクトがマージ、Linuxカーネル2.6.30

2009/06/11

 Linuxカーネルの最新バージョン、2.6.30が6月10日にリリースされた。日本から提案されたセキュリティ強化拡張「TOMOYO Linux」とファイルシステム「NILFS」がマージされている。

 TOMOYO Linuxは、NTTデータが開発してきたLinuxのセキュリティ拡張機能で、強制アクセス制御(MAC)を実装する。アクセス権限を細分化して管理することにより、不正侵入などを受けた場合でも被害を最小限に留めることができる。同様のセキュリティ機能として、SELinuxとSMACKがマージされており、TOMOYO Linuxは3つ目のLinux標準のセキュリティ機能となる。

 またNILFSは、NTTサイバースペース研究所が開発したファイルシステムで、サービスを停止することなく連続的にスナップショットを取得する機能を備えている。システムダウン時に迅速にサービスを復旧できるほか、操作ミスなどがあった場合でも、任意の時点への復旧を容易に行うことができる。

 カーネル 2.6.30ではほかに、Fastbootのサポートによって起動が高速化されたほか、ファイルシステムのパフォーマンス向上が図られている。さらに、分散ストレージシステムを高いパフォーマンスで利用できる「POHMELFS」「DST」のサポート、クラスタ内でのサーバ間通信を高速に行うRDSプロトコル対応、IEEE802.11wのサポートなどの機能強化が施されている。キャッシュ機能付きのファイルシステム「FS-Cache」もマージされた。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

20歳前後の女子の「ヲタ活」実態、7割超が「ヲタ」の自覚あり――SHIBUYA109 lab.調べ
around20女子のヲタク活動=ヲタ活に関する調査結果です。

Twitter動画広告に新課金体系、動画の50%表示で6秒再生されたタイミングで課金
Twitter動画広告の課金方法に「動画の50%表示で6秒再生」が新しく加わった。

インターネット運用型広告の出稿先、50%がGoogle 年間400億円分――EVERRISE調べ
EVERRISEは、インターネット広告媒体費の多くを占める「運用型広告費」のうち、同社のサ...