外付けHDDを介したデータ共有も

自由なプラグイン開発が可能なFONの新アクセスポイント

2009/06/23

 ユーザーによる無線LANアクセスポイント設置型のWi-Fiコミュニティ「FON」を展開するフォン・ジャパンは6月23日、新型の無線LANアクセスポイント「La Fonera 2.0(ラ・フォネラ2.0)」を発売した。価格は6980円で、Amazon.co.jpおよび家電量販店を通じて販売を開始する。

 La Foneraは802.11b/gに対応したルータで、FON用の無線LANアクセスポイントとして動作する。2.0では新たにUSBポートを搭載し、外付けハードディスクドライブなどを接続してWi-Fi経由でデータを共有できるようにした。さらに「メディア共有機能」を組み合わせることで、ディスク内の特定のフォルダに保存した写真や動画を、YouTubeやFlickr、Picasaなどの動画、写真共有サイトへ自動的にアップロードできる。

fonera01.jpg

 もう1つの特徴は、プラグイン機能によりルータの機能拡張が可能なことだ。標準でプリンタサーバやWebカメラ管理用のプラグインが提供されているほか、今後、USBタイプの3Gデータモデムの接続機能など、複数のプラグインを提供していく計画という。

 ファームウェア「fon-ng」はLinuxベースで、CやLUAを用いて独自プラグインを開発することも可能だ。フォン・ジャパンではこうした開発者向けに、日本語でのコミュニティサイトを公開するほか、プラグインコンテストなども予定しているという。フォン・ジャパン公式のプラグインおよび認定プラグインは、FoneraのWebインターフェイスを介して、ワンクリックでインストールできる仕組みだ。

 6月時点のFONの会員数は世界で約150万、日本に約13万人で、アクセスポイント「FONスポット」は世界で約40万、日本には約6万スポットあるという。

(@IT 河内典子)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...

正月三が日のテレビ視聴は過去10年間で最高値――ビデオリサーチ調査
正月三が日の総世帯視聴率(HUT)は過去10年で最高値となり、年末年始のテレビ視聴は例年...

KOLやKOCによる口コミを創出するために必要なこと
中国向けにマーケティングを行う上で重要なのが口コミである。口コミには友人・知人間で...