レッドハット幹部が仮想化、クラウドで自社戦略に自信

「2年後、誰もハイパーバイザの話をしなくなる」

2009/06/23

redhat01.jpg 米レッドハット エグゼクティブ・バイス・プレジデントのポール・コーミア氏

 「今から2年後には、誰もハイパーバイザの話なんかしてないでしょう。それは単にOSの一部で、すでにそこにあるのです」。6月23日に都内で会見した米レッドハット エグゼクティブ・バイス・プレジデントのポール・コーミア氏は、そう語り、同社が現在推進している仮想化関連の取り組みに自信を見せた。

 現在レッドハットは仮想化インフラとしてXenとKVMを2本立てで提供しているが、KVMのほうが理にかなっているという。KVMはLinuxカーネルの一部として開発されているため、省電力機能、ドライバ実装など、Linuxカーネルに取り込まれた機能はすべてKVMで利用できるからだ。「(開発コミュニティの)アップストリームで開発されていて、Linuxの一部であることはきわめて大きなアドバンテージ。XenはOSとは別レイヤなので、2度手間となる」(コーミア氏)。レッドハットは6月16日にKVMを組み込んだ「Red Hat Enterprise Virtualization」(RHEV)のベータ版提供を開始するなど、仮想化への取り組みを加速させている。「Linuxカーネルで動くものは、すべてRHEVでも動く」(コーミア氏)。RHEVは仮想サーバ管理ソフトウェアやVDI製品という2つのコンポーネントを提供予定だ。

 クラウドコンピューティングの文脈でも、OS、仮想化、ミドルウェアのすべてをそろえたレッドハットとマイクロソフトだけが、エンタープライズレベルで必要となる要素技術をすべて手中にしていると強気だ。「VMwareは早い時期からリードしていて手強い競合だが、われわれは非常にいいポジションにある。必要なものをすべて持っているのはわれわれとマイクロソフトだけだ」(コーミア氏)という。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

2019年度の統合型マーケティング支援市場は前年度比24.3%増の見込み――ITR調査
統合型マーケティング支援市場のB2B、B2C別の規模推移および予測です。

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...

国内企業における新型コロナウイルスの影響 大企業の3割が「すでに影響が出ている」――東京商工リサーチ調査
国内企業に新型コロナウイルスの影響を聞いています。