マイクロソフトが参考価格を公表

Windows 7、早期予約割引で7777円から

2009/06/26

 マイクロソフトは2009年6月26日、Windows 7パッケージ製品の価格を発表した。価格はすべてオープンプライスだが、参考価格は税抜きで、Windows 7 Ultimateが3万8800円(アップグレード版は2万6800円)、Windows 7 Professionalが3万7800円(アップグレード版は2万5800円)、Windows 7 Home Premiumが2万2800円(アップグレード版は1万5800円)。Vistaと比較してHome Basicエディションがなくなっている分、Home Premiumの価格が4〜5000円程度安くなっているという。アップグレード版はVista、XPの双方が対象となる。ただしXPの場合、実際のアップグレードでは新規インストールとなるためバックアップなどの作業が必要。

win701.jpg 会見で挨拶するマイクロソフト代表執行役副社長 コンシューマー&オンライン事業部担当 堂山昌司氏

 32ビット版と64ビット版は同一ライセンスで利用可能だが、出荷時のパッケージ形態などは未定。発売日についても、これまで米国で10月22日とアナウンスされたことがあったが、現時点では確定しておらず7月7日にアナウンス予定としている。

 発売日までの期間にVista搭載機の買い控えが起こらないよう、6月26日以降は現行機種でも実費でWindows 7アップグレード版を後日送付する「Widnows優待アップグレード」キャンペーンを行うほか、先行予約割引販売キャンペーンも展開。「Windows 7 Hompe Premiumアップグレード版」と「Windows 7 Professionalアップグレード版」については、6月26日から10日間に限り、それぞれほぼ半額となる7777円(税込み)、1万4777円(税込み)でオンライン予約を受け付ける。

製品 通常版 アップグレード版
Windows 7 Ultimate 3万8800円 2万6800円
Windows 7 Professional 3万7800円 2万5800円
Windows 7 Home Premium 2万2800円 1万5800円

Windows 7パッケージ製品の価格一覧

table.jpg 各エディションの違い(クリックで拡大)

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

SNSマーケティング予算は前年比で増加傾向、注力するのは「Instagram」と「Twitter」――ガイアックス調査
ガイアックスの運営するSNSマーケティングメディア「ソーシャルメディアラボ」が150社を...

新型コロナウイルス感染拡大で米国のEC取引が急増――Adobe Digital Economy Index
Adobeは、「Adobe Analytics」と、オンラインでの商品およびサービスの売り上げを測定す...

SNSマーケティングの「中と外」
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにして不定期で...